有料会員限定

リニアより最新の新幹線を リニア計画は国家百年の愚行

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

今秋で開業50周年を迎える東海道新幹線の実現は、わが国の経済成長と都市化を促進した。それだけでなく、先進国の鉄道再生や高速化を先導した点でも誇りうるインフラだ。日本の鉄道関係者の信念は、「鉄道は経験工学」という一語に集約されている。

ところが、車輪もレールも架線もない、まったく異質の鉄道=リニアが日本で造られようとしている。政府も事業者も情報開示に消極的で、多くの国民は知識も関心も低い。着工の可能性が高まってきた、リニア計画の実現と成功の可能性について、筆者の見解を述べたい。

結論を要約すると以下のとおりだ。

現在のリニア計画を着工すれば、建設過程でそうとう難航するだろうが、それでも物理的な完成は可能かもしれない。しかし、開業後の事業採算は極めて困難で、運営上のリスクも高く、投資回収も不可能である──。こうした厳しい見方にならざるをえない。

何より計画目的に妥当性が欠けている。巨大インフラ・プロジェクトを成功させる基本的条件は、妥当な目的と適正な実現手段である。鉄道のような公共性の高いプロジェクトは、多くの国民に納得され、合意を得られるものでなければ、必ず失敗する。また目的が妥当でも、進め方や実現手段が適切でないかぎり、失敗に終わる。その具体例は、超音速旅客機「コンコルド」だ。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
リニア革命
川重や日立が海外を向く中
▶▶Part4 整備新幹線とJR
リニア計画は国家百年の愚行
[政治]安倍─葛西のタッグは健在
[環境]JR東海からの反論
[環境]山梨の実験線ではすでに実害も
[収益]営業係数で採算を判定
▶▶Part3 リニアの死角 [財務]人件費や金利高の懸念も
期待と不安が相半ば
自民から急浮上した財政支援
五輪の次はリニア
独占[INTERVIEW]JR東海名誉会長 葛西敬之
愛知万博以来のビル建設ラッシュ
有楽町火災で露呈
▶▶Part2 蠢く都市、群がる企業
リニアvs.新幹線vs.エアライン
リニア関連の特許と出願人
走る仕組みと安全対策
2027年X月X日
大阪開業で17兆円近い経済効果
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内