有料会員限定

リニアと新幹線はカニバリの関係 [収益]営業係数で採算を判定

印刷
A
A

9兆円の巨大プロジェクトであるリニアは、JR東海にとって稼ぎ頭となるのか。JR東海や国土交通省の中央新幹線小委員会は、リニアの収支を明らかにしていない。今回、リニアの品川─名古屋間開業時と名古屋─大阪間開業時で、それぞれの収支を独自に試算した。

まず算出の前提となるのは「利用者数」だ。小委員会では、経済成長率が1%かつ高速道路の料金が現状と同じ場合、リニアの輸送量がどれくらいになるかを予測。輸送量は旅客人キロ(利用者数×輸送距離)で表される。これを、名古屋開業時で年167億人キロ(11年度の東海道新幹線の旅客人キロに対し38%)、大阪開業時で同408億人キロ(同92%)と、予測している。

ただこれは必ずしも実態に即さない。より実際に近い数値を求めるべく、貨物・旅客地域流動調査(国交省)の府県相互間輸送人員表を基に、1日の利用者数を試算した。

リニアは首都圏、中部圏、関西圏の三大都市圏を直結する。三大都市圏に含まれる都府県間の移動者数がリニアの利用者数にほぼ等しい。三大都市圏間の移動のうちリニアの利用者数は、東海道新幹線から移行する人数と推定した。航空機からの転移や人口減少は考慮していない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
リニア革命
川重や日立が海外を向く中
▶▶Part4 整備新幹線とJR
リニア計画は国家百年の愚行
[政治]安倍─葛西のタッグは健在
[環境]JR東海からの反論
[環境]山梨の実験線ではすでに実害も
[収益]営業係数で採算を判定
▶▶Part3 リニアの死角 [財務]人件費や金利高の懸念も
期待と不安が相半ば
自民から急浮上した財政支援
五輪の次はリニア
独占[INTERVIEW]JR東海名誉会長 葛西敬之
愛知万博以来のビル建設ラッシュ
有楽町火災で露呈
▶▶Part2 蠢く都市、群がる企業
リニアvs.新幹線vs.エアライン
リニア関連の特許と出願人
走る仕組みと安全対策
2027年X月X日
大阪開業で17兆円近い経済効果
▶▶Part1 これがリニアだ!
時代遅れの全幹法
[地震]いくつもの活断層を貫くリニア
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内