食品が値上げラッシュ、なぜPBは据え置き?

売り場でメーカー品とPBの価格差が拡大

しかし、小売り側は「どちらかに負担がかかるようなやり方はしていない」(イオン広報)と話す。また、メーカー側も「PB商品の製造を受託することで、メーカー品の納入権を得ているケースもある。PB商品とメーカー品を合わせた商売でバランスを取っている」(食品メーカー大手)という。今回はコスト増を両者で”痛み分け”するようだ。

ただ、今後はメーカー品のみ値上げされることで、これまでも安価だったPB商品との価格差がより鮮明になってくる。となれば、メーカー品の販売数量が減りかねない。

カップヌードル価格はPBの1.5倍に

例を挙げると、現在、セブン-イレブンにおいて日清食品の「カップヌードル(77グラム)」は173円(税込)であるのに対し、セブン&アイのPB商品「しょうゆヌードル(81グラム)」は121円(同)。「カップヌードル」は15年1月1日出荷分から6%の値上げを予定しており、店頭価格は10円程度値上げされる見込み。そうなればPB商品の1.5倍程度の価格となる。

値上げを発表する食品メーカーのリリースには、「自助努力の限界を超えた」「企業努力では現行の価格維持が大変厳しい」など窮状を訴える文言が目立つ。やっとの思いでメーカー品の値上げにこぎ着けられても、消費者の価格に対する目はシビアだ。PB品との価格差が広がるほど、厳しい戦いを強いられることとなる。

アベノミクスがもたらした円安は、食品業界全体に大きな苦悩をもたらしているといえそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT