ソニー映画会社への攻撃、支援者による正義の行い=朝鮮中央通信

北朝鮮が金第1書記のパロディ映画に反発

 12月7日、朝鮮中央通信社は、ソニー傘下のソニー・ピクチャーズエンタテインメントが受けたサイバー攻撃について、北朝鮮の支援者によるものだとの見方を示した。米カリフォルニア州カルバーシティーの同社前で昨年4月撮影(2014年 ロイター/FRED PROUSER)

[ソウル/ボストン 7日 ロイター] - 北朝鮮国営メディア朝鮮中央通信社(KCNA)は7日、ソニー<6758.T>傘下のソニー・ピクチャーズエンタテインメントが受けたサイバー攻撃について、北朝鮮の支援者によるものだとの見方を示し、国家による攻撃との観測を「でたらめなうわさ」と否定した。

KCNAは「ソニー・ピクチャーズへのハッキングは、北朝鮮の訴えに呼応した支援者や同調者による正義の行いだろう」と報道。韓国に対し「ハッキングに北朝鮮が関与しているとの誤ったうわさを流布している」と非難したほか、「世界には北朝鮮の支持者や同調者が多数いる」と米国に警告した。

KCNAによると、「平和の守護者」を名乗る集団がサイバー攻撃への関与を表明しているという。

ソニー・ピクチャーズは北朝鮮の金正恩第1書記の暗殺をテーマとしたコメディー映画「ザ・インタビュー」を製作し、今月25日から公開する予定。これに対し北朝鮮は強く反発しており、映画について「戦争行為」だと非難している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。