腐敗する中国、映画に描かれたその実態

ロシアにも共通するゆがんだ資本主義の弊害

こうした政治モデルは米国型の自由民主主義の強力なライバルだとみられている。が、冷戦の間、独裁的な資本主義国は通常は軍事政権下にあり、反共産主義で米国寄りだった。

米国に依存する国家の独裁は冷戦終結とともに多かれ少なかれ終焉し、自由民主主義国家が取って代わった。多くの人々は、自由民主主義と資本主義が世界で手を結ぶのは自然だとする考えを信じた。政治的自由は企業活動にとってよいことであり、その逆も真である。

この20世紀の神話は砕け散った。ハンガリーのオルバン首相は、自由民主主義はもはや実行可能なモデルではないと主張した。中国やロシアが成功しているのはイデオロギー的な理由ではなく、より競争力があるからだと語った。

ロシア経済は原油など天然資源にあまりに依存しすぎだし、中国の一党独裁体制は経済危機の際には一気に崩壊する可能性がある。反自由主義の政権が自己目的のために法を利用するやり方は投資家の信頼にもつながらない。

『リバイアサン』と『罪の手ざわり』で辛辣に描写された社会は、それでも今のところ、欧州の経済停滞と米国の政治的機能不全に幻滅した多くの人々の目にはよく見えている。高額プロジェクトに大規模な資金を必要とする西側のビジネスマン、芸術家、建築家は「事をやり遂げる」独裁的な政権と一緒に仕事をすることを楽しんでいる。極端な右寄りと左寄りの反自由主義の思想家たちは、米国に立ち向かう独裁者を称賛している。

『罪の手ざわり』は世界中で上映され、大いに称賛されたが、中国ではそうでなかった。対照的に『リバイアサン』は米アカデミー賞に公式エントリーされた。少しばかりのロシアの表現の自由を示せば、プーチン氏にも幾分の自由主義があると外国人を納得させるかもしれない。それが幻滅に終わるまでは。

週刊東洋経済2014年12月6日号

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT