受け身、言い訳、小出しでは世界に通用しない--『国家の命運』を書いた薮中三十二氏(外務省顧問)に聞く

受け身、言い訳、小出しでは世界に通用しない--『国家の命運』を書いた薮中三十二氏(外務省顧問)に聞く

日本の「国益」を背負う外交の現場とはどういうものなのか。20年以上にわたり、首席交渉官を務めた経験から、時のテーマにどう取り組むべきか、針路を提示する。

──薮中さんというと、北朝鮮核問題の6カ国協議での印象が強いのですが。

20年以上にわたり外務省の首席交渉官の職にあった。この間、日米構造協議をはじめ経済交渉はすべて手掛けた。ここ十数年は近隣諸国との海洋問題に関する交渉が多かった。それに経済連携関連。TPP(環太平洋経済連携協定)については、この春ごろには早めに取り組んだほうがいいと指示していた。FTA(自由貿易協定)は、TPPだけの問題ではない。むしろ日本とEUをまとめられるかどうかのほうが、より直接的な影響のある問題だ。

──20年ぶり2作目の著書がベストセラーになっていますが、前作でも「アメリカ離れのすすめ」が話題でした。

初めての著書『対米経済交渉 摩擦の実像』は各紙誌に書評が載ったものの、ぜんぜん売れなかった。交渉の全体像をきちんと書いたが、当時は『「NO」と言える日本』が100万部を超える売れ行きだった。

「アメリカ離れ」とは、「乳離れ」のつもり。つまり、「『NO』と言える日本」も「『NO』と言えない日本」も、返事は違うにしても、しょせん相手待ち。相手の要求を待ってから答えるという点は同じだ。アメリカから何か言われてから対応を考えるのではなく、まず自ら考えよという意味を込めた。

──相手待ちという点は今も変わりがない?

私はそうしてこなかったが、往々にしてそのままだ。「受け身の姿勢」に加え、「言い訳の姿勢」「小出しの姿勢」にも変わりがない。相手に注文をつけることにはほとんど関心がなく、要求に折り合いをつけることにひたすら労力を費やす。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。