弥生、オリックスと組み「金融サービス」へ

岡本社長に中長期的な戦略を聞く

――オリックスはファンドではなく事業会社です。弥生の経営にも関与するのでは?

これまでMKBパートナーズが、実質的には経営にほとんど関与してこなかったように、オリックスの立場も変わらないと考えています。オリックスの井上亮取締役兼代表執行役社長・グループCEOからは、「弥生はいい会社だと思って買収した。それを壊すようなことは、いっさいしたくない。基本的には手を出さないので、弥生としてやりやすいようにやってくれと」と明確に言われました。

リリースを配布した13日午後3時と、翌14日午前に、社員からの質問を受けたのですが、そのときに出た質問のひとつが「なにが変わりますか」というものでした。私の回答は、ひとこと。「なにも変わりません」です。今の時点で変わるのは、社外取締役と社外監査役が、MBKパートナーズから選出されていたものが、オリックスからの就任に変更することだけ。社内取締役は私一人であるという体制も変わりません。

独立した経営を継続

――オリックスグループという色はどこまで出すつもりですか。

その点では、特にオリックス側から言われていることはありません。われわれがそのカラーを出したければ出るし、出したくなければ出さなくてもいいということになっています。たとえば、名刺にオリックスグループと刷り込むのかどうかについても、こちらで決めることができますし、健康保険組合も、現在の関東ITソフトウエア健康保険組合を継続するのか、オリックスグループの健康保険組合に変わるのかといったことも選択が可能です。

――岡本社長がひいきにしているプロ野球チームはありますか?(笑)

実は私はまったく野球には関心がなくて。先日も、仙台で開催した会計事務所向けのカンファレンスでは、現場を担当している楽天イーグルスファンの社員に、「オリックスバファローズと交流戦でぶつかるねぇ」と言ったら、「なにを言っているんですか、同じパ・リーグですよ」と怒られたぐらいです(笑)。プロ野球の知識は、そのレベルなんですよ。

これは話半分で聞いていただきたいのですが(笑)、オリックスグループの一員としては、当然、オリックスバファローズを応援します。しかし、弥生のユーザーは全国津々浦々にいますし、それぞれの地元チームを熱心に応援している経営者の方々も少なくない。弥生の公式コメントは、「これからも全12球団を応援していきます」ということになります(笑)。オリックス側も、弥生をバファローズ一色にするなんてことは考えていませんし、われわれもそんなつもりはありません。

次ページオリックス側からの要望は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。