サイバー、激務でテックな「ネット広告王」の素顔 とにかく働く営業部隊、電通の猛追にAIで対抗

印刷
A
A

インターネット広告事業本部が入居する渋谷スクランブルスクエアのオフィスフロアは、深夜まで明かりが消えない――。

電通グループや博報堂DYホールディングスを突き放し、ネット広告トップを独走してきたサイバーエージェントの強みとは(撮影:今井康一)

特集「サイバーエージェントの正体」の他の記事を読む

ファミリーマート、マツモトキヨシ、ヤマダデンキ、クレディセゾン――。

小売りや金融の大企業たちが今、顧客の購買データを活用して広告ビジネスを始めようとしている。

小売りの店舗の中ではデジタルサイネージ(電子看板)が所狭しと並び、客はポイントカードではなく、企業のスマートフォンアプリやLINEの公式アカウントに登録する。サイネージやアプリといったデジタル画面に広告枠が設けられ、取引メーカーが新商品の広告を打つのだ。

だが、小売企業にはノウハウが足りない。そんな彼らが頼るのが、国内最大手のインターネット広告代理店、サイバーエージェントだ。広告技術やデータ活用に詳しいAI事業本部長の内藤貴仁常務は、冒頭に挙げた各社を含め、「現在は大手企業を中心に十数社とビジネスの立ち上げを進めている」と話す。

電通・博報堂に負けず独走

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内