旧車市場に変化、定番ハコスカ/ケンメリから脱却 人気車種に変化、旧車アフターパーツ最前線

印刷
A
A
フジツボのブースに展示されていた旧車向けマフラー(筆者撮影)
フジツボのブースに展示されていた旧車向け各種マフラー(筆者撮影)

マツダでも、1985年発売の2代目FC型と3代目FD型については、復刻パーツを再販しているが、初代モデルについては対象外。フジツボでは、そんな初代RX-7向け製品を同社の最新技術を盛り込んで新たに開発、市場の反響を探るべく、装着したデモカーと共に当展示会に出品した。

初代RX-7用マフラーのスペックや価格(筆者撮影)
初代RX-7用マフラーのスペックや価格(筆者撮影)

「レガリスR」という同社スポーツマフラーのブランド名を冠した製品は、価格(税込み)が15万4000円。同社の担当者によれば、「比較的高い製品なのですが、(初期型RX-7を所有する)多くのオーナー様にブースを訪れていただき、ありがたいといった趣旨の声をもらっています」という。

こうしたエピソードは、純正部品がすでに生産終了となり、メーカーが実施する復刻部品サービスも非対応である初期型オーナーにとっては、ある程度高価な社外マフラーでも貴重であることを意味する。とくにマフラーは、愛車をきちんと「現役」で走らせたり、車検に通したりするためには必要不可欠な部品のひとつだ。国産旧車ブームの影には、こうしたメーカー側から「見捨てられた」ともいえる車種はまだまだあるという一例だ。

欧州のように国内でも旧車を大切に乗る文化が広がる

そのほか、サスペンションや駆動系パーツなどをクスコブランドで展開するキャロッセも同様に旧車向けパーツを展示。写真は展示車両の初代マツダ・ロードスター(筆者撮影)
そのほか、サスペンションや駆動系パーツなどをクスコブランドで展開するキャロッセも同様に旧車向けパーツを展示。写真は展示車両の初代マツダ・ロードスター(筆者撮影)

フォルクスワーゲンやメルセデス・ベンツなどの欧州車では、古いモデルでも比較的メーカーから純正部品が出るモデルも多いという。また、多くのサードパーティからの供給もあるため、レストアしやすい。一方、国産旧車については、メーカーも人気車種に限定して部品の再販などを行うが、まだまだ純正部品が手に入らない車種のほうが多い。ここで紹介したようなアフターパーツを供給する企業の数がもっと増え、対応車種なども拡充してくれば、そうした国産旧車の状況も変わってくるだろう。

そして、それは国産旧車ブームにより、古いクルマがビジネスとして成り立つ今がまさに好機だ。現在のカーボンニュートラル実現に向けた「電動化」の波により、新型車については、将来的にEVを中心としたラインナップが構築されつつあり、クルマの性質自体が変わろうとしている。だが、古いクルマをレストアなどで維持することも、「リサイクル」という意味でエコロジーな行動であることに間違いない。国産旧車というブームの行く末も含め、今後の動向を注視したい。

この記事の画像を見る(64枚)
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT