117クーペにベレット、いすゞ旧車が人気上昇の訳 価格高騰も穏やか、まだ買える手頃感で再注目

印刷
A
A
いすゞのクラシックカー専門業者「イスズスポーツ(ISUZU SPORTS)」が展示していた117クーペ(筆者撮影)
この記事の画像を見る(27枚)

ブームになっている国産旧車の代表格といえば、日産自動車(以下、日産)やトヨタ自動車(以下、トヨタ)の古いスポーツカーというイメージが強い。実際に1960年代後半から1970年代に販売された日産の「スカイライン」や「フェアレディZ」、トヨタ「2000GT」といったモデルは、国内はもちろん海外にも愛好家が多い。とくに2000GTはかなり稀少なこともあり、海外オークションで1億円を突破したプレミアムな車体さえある。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

一方で最近、いすゞ自動車(以下、いすゞ)がかつて生産したスポーツカーが、密かなブームとなっている。いすゞといえば現在、トラックやバスの専門メーカーになっているが、2000年前半までは乗用車の製造販売も手がけていた。とくに1968年発売の「117クーペ」や、1963年発売の「ベレット」などは、当時、日本を代表するスポーツカーとして人気を博したこともあり、今でも多くの愛好家に親しまれている名車たちだ。従来は、旧車市場でそれらの名前を聞くことも少なかったが、ここにきて人気が急上昇しているという。

なぜ今になって、いすゞの旧車に注目が集まっているのだろう。ビンテージカーの一大展示会「ノスタルジック2デイズ(2022年2月19日~20日・パシフィコ横浜)」に出展した、いすゞのクラシックカー専門業者「イスズスポーツ(ISUZU SPORTS)」に、背景や理由などを聞いてみた。

いすゞの名車、117クーペとベレットの概略

イスズスポーツが展示していたいすゞのベレット(筆者撮影)

まずは、117クーペとベレットについて、簡単に紹介しよう。ベレットは、1963年から1974年まで販売された小型スポーツカーだ。日産のスカイラインが台頭するまでは、モータースポーツでも活躍し、1960年代の日本車を代表するモデルのひとつだ。大きな特徴は、1トンを切る軽い車体が生み出す俊敏な走り。また、日本車として初めてディスクブレーキを搭載するなど、当時としては新しい数々の装備を採用している。さらに車名にスポーツモデルを意味する「GT(グランツーリスモ)」と付けた国産初のクルマとしても有名だ。エンジンには、1.3L、1.5L、1.6L、1.8Lのガソリンエンジンのほか、1.8Lのディーゼルエンジンも用意されていた。

次ページいすゞの名車に注目が集まっている理由
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT