「ロシア対ウクライナ」地政学から見た紛争の裏側 ハートランドを領土とするロシアからの景色

印刷
A
A
「地政学」からみたウクライナ紛争とは?(写真:Chris Ratcliffe/Bloomberg)
「地政学」とは、その国がどこにあるのか、どんな海と山に囲まれているのか、資源は豊かなのか……といった地理的要素から、その国の政治や外交、行動原理などを読み解く学問です。世界の動き、国際政治の思惑が見えてくる「地政学」は、ビジネスにつながる学問・教養としてニーズが高まっています。
昨今のロシア対ウクライナの構図は、そもそもどこから始まっているのか?『働く君に伝えたい本物の教養 佐藤優の地政学入門』より、「ロシアの地政学」について一部抜粋・再構成してお届けします。

なぜロシアが“ 心臓地帯” なのか?

ナチスの御用学問となった地政学は、第二次世界大戦におけるドイツの敗戦によって封印されました。対して、〝現代地政学の祖〞と称されているのが、イギリスの地理学者ハルフォード・マッキンダーです。

マッキンダーは著書『デモクラシーの理想と現実』の中で、ユーラシア大陸とアフリカ大陸を合わせた広大な地域を「ワールドアイランド(世界島)」と呼び、それを①ユーラシア大陸の中心部をさす「ハートランド(心臓地帯)」、②「太平洋・インド洋の沿岸地帯」、③「ヨーロッパの諸半島・島々と地中海」、④「南のハートランド」、⑤「サハラ(砂漠)」、⑥「アラビア(半島)」の6つに分類しました。

①の北側を覆う北極海は、一年中ほぼ氷結しています。④は海岸近くまで高地が続き、沿岸から内陸に通じる大河が少ないため、海から閉ざされています。つまり、シーパワーで世界を制したイギリスの海軍力が及ばない大陸の最深部をハートランドと呼んだのです。

そして、特に当時のイギリスと対立していたロシアの領域であるハートランドを重視し、(その入口に位置する)「東欧を制するものがハートランドを制し、ハートランドを制するものが世界を制する」と主張しました。

次ページナポレオンもヒトラーも敗退
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT