神奈川県、iPad導入で「関所」が減った!

黒岩祐治知事が語る1600台導入効果

iPadを手にする黒岩祐治神奈川県知事

神奈川県庁は2014年6月より全庁でiPadを1600台導入し、業務改善を開始している。タブレットでの業務改善、という掛け声では珍しいものではない。むしろ「タブレットとパソコンの同居が問題」とする声もあり、一時ほど注目されなくなった感もある。

だが、神奈川県の黒岩祐治知事は、「導入後の変化は劇的だった」と高く評価する。同庁でのタブレット導入は大きな成果をもたらしている。そこにあったのは、役所ならではの問題に関係する部分も少なくない。黒岩知事へのインタビューから、「タブレット導入の本質」の一部が見えてきた。

導入一週間で「紙が消えた」

神奈川県庁は2014年度に予算を計上し、6月より実際にタブレットの導入を始めた。導入に際しては競争入札が行われ、一般的な形でシステム納入として行われた。落札したのはKDDI。KDDI側がシステムとしてiPadを選択した形だ。

そもそも導入に際しては、黒岩知事の強いイニシアティブがあった。とはいえ、黒岩知事がITに強かったわけではない。「私はマスメディアにはいましたが、ニューメディアに弱くて」と自ら不得意であることを認める。もちろん、道具としてパソコンや携帯電話は使ってきたものの、その応用的な使い方を創造するようなタイプではない。だが、県の業務状況を精査した上で、積極的な業務改善が必要、との判断を下していた。

「昨年のお正月に『電子化全開宣言』をしたんです。そのくらい、電子化が遅れていました。

県知事になって職員の仕事ぶりを見ていると、皆本当に真面目に仕事をするんです。しかし、かつて1万4000人いた職員は、合理化によって7500人にまで減っています。行政改革を真剣に進めてきた証拠ではあります。他方、人は半分近くに減っているのに、仕事は増えているんです。一人ひとりにあたっている負担は増えており、これをなんとかせねばならない、と考えました」

次ページ無駄をどう省くか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT