無知との遭遇 落合信彦著

無知との遭遇 落合信彦著

「世界にあって日本にないもの」が何なのかを知ることによって、グローバル化されたこれからの世界で日本がどう闘っていくのかを、世相を痛烈に風刺するジョークを通じて説く。

国際ジャーナリストとして世界を渡り歩いてきた著者は、政治家の無知がこの国に経済危機を招き、若者の無知がこの国の内向き志向と閉鎖性を強めていると喝破。日本人があまりに世界のことを知らなさすぎるあまり、世界では日本人を揶揄するジョークがあまたあると嘆く。

洗練されたジョークにこそ、その人物の知的センスが反映される。ジョークをコミュニケーションの道具として使いこなす感覚を磨くための指南書としても読める。

小学館101新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT