値上げで出荷減、製紙業界のジレンマ

2度の値上げで価格は震災前水準を突破だが・・・

実際には、雑誌や書籍を作る出版社は、品質や供給面の安定性を重視し、ほとんどが国産紙を定期契約で調達。輸入紙はもっぱら、チラシやカタログなど商業印刷向けだ。それでも、輸入紙が印刷用紙市況に与えた影響は大きい。

震災による被災工場の復旧も漸次進んだ結果、今度は需給が緩み、印刷用紙は13年春ごろまで下落が続いた。

円安に転じた12年末以降、競争力の薄れた輸入紙は月6万トン水準へ逆戻り。国産紙シェアが回復したところで、印刷用紙首位の日本製紙は13年4月、1年半ぶりとなる印刷用紙の値上げを実施。同業他社も相次ぎ追随した。

円安で原料高へ

ただ、円安がさらに1ドル=100円台まで進行したため、製紙各社では輸入原料・燃料高の圧迫が強まった。そこで日本製紙は13年10月、異例ともいえる同じ年に2度目となる値上げを発表、各社も追随した。すでに、足元の国内企業物価指数で印刷用紙は震災前水準を上回る。日本経済新聞の市況データでも上質紙(印刷紙A)は1キログラム当たり129~135円と近年にない高水準で推移している(図)。

メリルリンチ日本証券アナリストの桑原明貴子氏はこう予測する。「原料・燃料高が収益を強烈に圧迫している。さらなる値上げはありうる」。

ただし、昨年の値上げでは価格が底上げできても、需要の落ち込みが痛い。日本製紙連合会によると、印刷用紙の9月国内出荷数量は前年同月比6.7%減と低調だ。「今は在庫を減らさなければならない局面。すぐの値上げは難しい」と桑原氏は指摘する。

すでに印刷用紙については、日本製紙、王子ホールディングスなどが減産を実施している。せっかく引き上げた価格水準を守りつつ、いかに出荷数量の回復を図り、さらなる値上げにつなげるかが、当面の課題だ。

(「週刊東洋経済」2014年11月15日号<11月10日発売>掲載の「価格を読む」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT