スカイツリーの光と陰、墨田区条例改正で波紋

スカイツリーの光と陰、墨田区条例改正で波紋

東京の新名所「スカイツリー」の建設が進む墨田区。新たな観光地として脚光を浴びるこの地で、区役所とホームレスおよび支援団体の対立が激化している。

事の発端は、“リサイクル推進条例”の改正だ。10月1日付で施行され、資源ゴミ集積所から空き缶や古紙を持ち去る行為に20万円以下の罰金が科されることになった。

「ここ数年、2トントラックで乗り着けて、集積所から缶や古紙をごっそり持っていく悪質な業者が横行しており、区民からの苦情も増加している。2006年に持ち去り禁止を盛り込んだ改正条例が施行されたものの実効性がなかったため、今回、罰則を設けた」と区のリサイクル清掃課は説明する。だが、悪質業者のみならず、「ホームレスによる行為も罰金の対象」(同課)となったことで波紋を広げているわけだ。

区は「持ち去り行為に罰則を適用します」と書かれた警告ビラをホームレスに手渡すとともに、改正条例施行前から氏名の聞き取りやビデオ撮影を開始。施行後は禁止命令書を出し、従わない場合は刑事告発を行うと強硬だ。

一方、ホームレスや支援者は10月3日、浅草からスカイツリーまでデモを実施。「わしらの仕事を犯罪扱いするな」「仕事を奪うな」と抗議の声を上げた。ホームレスにとって、空き缶や古紙の収集は数少ない生計の手段だ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。