YouTube、広告なしの有料サービス導入計画

責任者を務めるスーザン・ウォジツキ氏が言明

 10月28日、ユーチューブが広告なしで動画を観ることができる有料サービスの導入を計画している。写真はカンヌで2011年10月撮影(2014年 ロイター/Eric Gaillard)

[サンフランシスコ 28日 ロイター] - 米グーグル<GOOGL.O><GOOG.O>傘下の動画共有サイト「ユーチューブ」が、広告なしで動画を観ることができる有料サービスの導入を計画している。

グーグルのシニアバイスプレジデントで、ユーチューブの責任者を務めるスーザン・ウォジツキ氏が27日開いた会合で明らかにした。

ユーチューブによる有料サービスの導入は、短いコマーシャル(CM)を伴い動画を無料で提供し、月間10億人以上の視聴者を獲得してきた既存のビジネスモデルからの大きな転換となり得る。

同氏は、有料動画サービスが「近く」実現するとしつつも、料金など、詳細には踏み込まなかった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。