「Why型思考」が仕事を変える 細谷功著

「Why型思考」が仕事を変える 細谷功著

「Why型思考」とは、物事の表面的な事象にとらわれるのではなく、その背景や理由を探ることで本質に迫る思考法のことである。その逆が「What型思考」で、目先にとらわれ、言われたことを疑いもなくやるような思考法。決まりだからという理由だけで存続する制度、検証なしに前年並みとなる予算、行き先だけ決まって目的が不明確な視察旅行などがそうだ。

ネット時代の今、情報収集は容易となった。重要なのは、得た情報を基に自分の頭で考え解を出すこと。まずは何事にも「なぜ」と疑問を持つ。ビジネスコンサルタントの著者が、WhatからWhyへの思考回路の転換法と、ビジネスシーンへの具体的活用法を伝授してくれる。

PHPビジネス新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT