「Why型思考」が仕事を変える 細谷功著

「Why型思考」が仕事を変える 細谷功著

「Why型思考」とは、物事の表面的な事象にとらわれるのではなく、その背景や理由を探ることで本質に迫る思考法のことである。その逆が「What型思考」で、目先にとらわれ、言われたことを疑いもなくやるような思考法。決まりだからという理由だけで存続する制度、検証なしに前年並みとなる予算、行き先だけ決まって目的が不明確な視察旅行などがそうだ。

ネット時代の今、情報収集は容易となった。重要なのは、得た情報を基に自分の頭で考え解を出すこと。まずは何事にも「なぜ」と疑問を持つ。ビジネスコンサルタントの著者が、WhatからWhyへの思考回路の転換法と、ビジネスシーンへの具体的活用法を伝授してくれる。

PHPビジネス新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT