「Why型思考」が仕事を変える 細谷功著

「Why型思考」が仕事を変える 細谷功著

「Why型思考」とは、物事の表面的な事象にとらわれるのではなく、その背景や理由を探ることで本質に迫る思考法のことである。その逆が「What型思考」で、目先にとらわれ、言われたことを疑いもなくやるような思考法。決まりだからという理由だけで存続する制度、検証なしに前年並みとなる予算、行き先だけ決まって目的が不明確な視察旅行などがそうだ。

ネット時代の今、情報収集は容易となった。重要なのは、得た情報を基に自分の頭で考え解を出すこと。まずは何事にも「なぜ」と疑問を持つ。ビジネスコンサルタントの著者が、WhatからWhyへの思考回路の転換法と、ビジネスシーンへの具体的活用法を伝授してくれる。

PHPビジネス新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。