「Why型思考」が仕事を変える 細谷功著

「Why型思考」が仕事を変える 細谷功著

「Why型思考」とは、物事の表面的な事象にとらわれるのではなく、その背景や理由を探ることで本質に迫る思考法のことである。その逆が「What型思考」で、目先にとらわれ、言われたことを疑いもなくやるような思考法。決まりだからという理由だけで存続する制度、検証なしに前年並みとなる予算、行き先だけ決まって目的が不明確な視察旅行などがそうだ。

ネット時代の今、情報収集は容易となった。重要なのは、得た情報を基に自分の頭で考え解を出すこと。まずは何事にも「なぜ」と疑問を持つ。ビジネスコンサルタントの著者が、WhatからWhyへの思考回路の転換法と、ビジネスシーンへの具体的活用法を伝授してくれる。

PHPビジネス新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT