女性たちが語る「日韓エンタメ」の決定的な違い 日本のドラマや音楽にはない要素は何なのか

印刷
A
A
女性からも「かっこいい」と人気を集める韓国アイドルのITZY(写真:REX/アフロ)
コロナ禍で爆発的にヒットした「愛の不時着」や「梨泰院クラス」、昨年世界を席巻した「イカゲーム」……気がつけば、韓国ドラマばかり話題になっている。音楽業界においてもグラミー賞候補のBTSや、YouTube登録者数が全世界で7000万人を超えるブBLACKPINKなどK-POPの勢いが止まらない。
そんな韓流エンタメは日本でもファンが多く、とりわけ女性からは「韓国ドラマしか見なくなった」という声も聞かれる。特集「激震『韓国フェミニズム』知られざるその後」2日目2本目は、韓流エンタメがなぜ日本の女性の心に刺さるのか、生活研究家で作家の阿古真理氏がフェミニズム的視点から考察する。
【特集2日目のそのほかの記事】
第1回:韓国ドラマ「不安定な年下男性」多出する納得理由
第3回:K-POP「強い女性アイドル」生まれた大人の事情

自立した姿があこがれの対象になる

2000年代初頭から4度もブームが到来し、もはや「ブーム」という言葉はふさわしくないのではないか、と思われるほど人気が定着した韓流カルチャー。女性にかぎれば、子どもからシニアまで幅広い世代にK-POP、映画、ドラマ、小説のファンがいる。そんなファンたちに何が魅力か聞いたところ、いくつかの共通点が浮かび上がってきた。

この特集の一覧はこちら

1つは、女性たちがリアルに描かれ、自立している姿があこがれの対象になること。「韓国ドラマには、社会派の要素がさりげなく入っている。女性も自分の意志がある人を描かれる。日本のドラマは、恋愛でも壁ドンなど、追い詰められて選択肢がない描き方をしがち」と話すのは、韓国語を学び高校時代は韓流一色だったというIさん、そして同じく韓国語も学ぶ韓流ファンの同級生Sさんだ。

2人とも韓国ドラマが日本で紹介される時、ドラマのイメージが日本風に「変換」されてしまうことに不満を抱いているという。

「『恋愛ワードを入力してください』の原題は『検索ワードを入れてください』という意味なのに、日本で恋愛要素を強調されてしまう。メインキャラクターの3人の女性は全員バリバリ仕事していて、恋愛がなくても成り立つ描き方なのに」とIさんが言えば、Sさんも「日本に入ってきたときに、必ずタイトルやポスターで恋愛要素が強調され、ピンク色で表現されてしまいます」と不満を述べる。

次ページ重要ポストに就いている女子が多い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT