30代婚活男女に立ちはだかる「スキンシップ」問題 成婚退会後「何もせず」破綻した例は意外と多い

印刷
A
A
恋愛に慣れていない者同士の婚活。お互いの距離をどう縮めるかが大事になってくるようです(写真:kouta/PIXTA)
結婚相談所でのお見合いでは、それまでまったく知らなかった男女が、プロフィールの情報を見てお見合いし、好印象を抱けば交際に入る。その交際は当然のことながら、結婚が前提だ。そのときにうまく相手との距離を縮められるかどうかが、結婚に繋がるか繋がらないかの大きな別れ目となる。恋愛に慣れていない者同士だと、距離の縮め方もわからないし、手探りだし、とても難しい。
仲人として婚活現場に関わる筆者が、婚活者に焦点を当てて、苦労や成功体験をリアルな声と共にお届けしていく連載。今回は、婚活に苦戦する35歳男性の姿を追いながら、恋愛初心者男女の距離の縮め方を考えたい。

私の相談室で婚活を始めて4カ月のあきお(仮名、35歳)。有名大学を卒業しており、大手メーカーに勤務していて、年収もいい。見た目も細身のハンサム。登録をすれば、お見合いが組めるタイプだった。ただ、彼に欠けていたのは、恋愛経験の数だった。

大学時代に一度、恋愛らしきものを経験したことはあったが、深い仲にならないまま自然消滅した。社会に出てからは恋愛とは無縁。30歳を過ぎて結婚を意識し、大手相談所で婚活して結婚したのだが、その結婚生活は1カ月経つか経たないかで破綻した。

結婚に失敗した、あきおの新たな挑戦

とはいえ、男女の仲は相性だ。あきおは結婚を諦めたくなくて、再度、婚活にチャレンジしたいと、私を訪ねてきた。

この連載の一覧はこちら

婚活をスタートさせると、経歴も見た目も良かったので、お見合いはすぐに組めた。

しかし、交際に入って1度か2度デートすると、あきおから断ったり、相手女性からお断りが入ったりで、結婚につながる相手になかなか出会えないでいた。

苦戦続きだったが、2カ月を過ぎたころ、交際に入ったゆい(30歳、仮名)に手応えを感じていたようだった。

あるとき、あきおからこんな連絡が入った。

次ページあきおの依頼にゆいの相談室の仲人は…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT