【産業天気図・鉄道・バス】旅客数が緩やかに上向くが本格回復は先、流通の低迷も響き「曇り」が続く

予想天気
10年10月~11年3月 11年4月~9月

鉄道・バス業界は、2008年秋から続いてきた旅客数の減少傾向が10年前半におおむね底を打った。しかし、その回復スピードは緩やかだ。また、依然として冴えない個人消費を映し、流通部門が低迷。不動産部門は概して堅調だが、業界全体の景況感は、10年10月以からの1年間、「曇り」にとどまると予想する。

東日本旅客鉄道(JR東日本)の単体の鉄道営業収入(決算の運輸収入とは異なる)は、4~8月の累計で前年同期比0.8%増と横ばい圏。5~6月は前年を上回ったが、7~8月は前年を若干下回った。また、小田急電鉄の輸送人員は4月、6月が前年比マイナスに対し、5月、7月は前年比プラス。まだ、まだら模様であり、前年比のプラス基調が完全に定着したとは言えない。だが、鉄道の旅客数は雇用環境を反映し、景気全般よりやや遅行して動く。旅客数はしばらく緩やかな回復傾向が続くとみられる。

JR東日本は、今11年3月期の業績について、営業利益3520億円(前期比2.1%増)という期初計画を変更していないが、この予想数字は上振れる可能性が高い。同社は今期の鉄道運輸収入を前期比0.1%増と見込んでいる。だが、期初に年間90億円の減収要因になると予想していた高速道路新料金制度(上限2000円)の導入が見送られた。さらに、信濃川水力発電所の発電再開に伴い、動力費が大幅に減ることも利益の押し上げ要因になる。大規模な店舗リニューアルなどで駅スペース活用(「エキュート」など駅ナカ販売)、ショッピング・オフィス(不動産賃貸)が減益でも、鉄道の回復で営業利益は3800億円程度に伸びると予想する。

西日本旅客鉄道(JR西日本)は、新幹線、在来線とも回復が鈍く、営業微増益にとどまる。東海旅客鉄道(JR東海)は、運輸収入が想定をやや上回るものの、修繕費などがかさむうえ、流通部門が厳しく、営業減益が続く見通しだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT