東大発!「世界最速2足歩行ロボット」の実力

<動画>「アキレス」はマラソン選手並みの速さ

く世界最速2足歩行ロボットとされる「アキレス」の雄姿

日本の研究者が、2足歩行ロボットにアイセンサー・カメラを搭載することにより、ランニングマシンの上を走りながらも自身でバランスをとれるようにしようと試みている。

開発者によると、この新しいロボット「アキレス」は、このサイズのものとしては世界で最も速く走ることができる2足歩行ロボットだという。東京大学の研究者たちによって開発された高さ14センチのロボットは、時速最大4.2キロで走ることができる。

人間のサイズなら時速10~20キロ

チームリーダーである東京大学大学院情報理工学系研究科の石川正俊教授は次のように語る。「私たちは、人間のサイズに置き換えた場合に時速10~20キロ走ることができるロボットを作りました。これは普通にジョギングやマラソンをするときのスピードと同じであり、私たちの知る限りでは最速のロボットということになります。」

「アキレス」とは、ギリシャ神話の英雄を表す。このロボットの性能の鍵となっているのは、1秒間に600フレームの撮影機能を備えたアイセンサーと動作解析テクノロジーだ。石川教授は続ける。「私たちは機敏かつ正確に動くことできるロボットを作るために、高速に耐える目と高速のモーターを使用しました」。

次ページ残された課題とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT