東大発!「世界最速2足歩行ロボット」の実力

<動画>「アキレス」はマラソン選手並みの速さ

く世界最速2足歩行ロボットとされる「アキレス」の雄姿

日本の研究者が、2足歩行ロボットにアイセンサー・カメラを搭載することにより、ランニングマシンの上を走りながらも自身でバランスをとれるようにしようと試みている。

開発者によると、この新しいロボット「アキレス」は、このサイズのものとしては世界で最も速く走ることができる2足歩行ロボットだという。東京大学の研究者たちによって開発された高さ14センチのロボットは、時速最大4.2キロで走ることができる。

人間のサイズなら時速10~20キロ

チームリーダーである東京大学大学院情報理工学系研究科の石川正俊教授は次のように語る。「私たちは、人間のサイズに置き換えた場合に時速10~20キロ走ることができるロボットを作りました。これは普通にジョギングやマラソンをするときのスピードと同じであり、私たちの知る限りでは最速のロボットということになります。」

「アキレス」とは、ギリシャ神話の英雄を表す。このロボットの性能の鍵となっているのは、1秒間に600フレームの撮影機能を備えたアイセンサーと動作解析テクノロジーだ。石川教授は続ける。「私たちは機敏かつ正確に動くことできるロボットを作るために、高速に耐える目と高速のモーターを使用しました」。

次ページ残された課題とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。