東大発!「世界最速2足歩行ロボット」の実力

<動画>「アキレス」はマラソン選手並みの速さ

く世界最速2足歩行ロボットとされる「アキレス」の雄姿

日本の研究者が、2足歩行ロボットにアイセンサー・カメラを搭載することにより、ランニングマシンの上を走りながらも自身でバランスをとれるようにしようと試みている。

開発者によると、この新しいロボット「アキレス」は、このサイズのものとしては世界で最も速く走ることができる2足歩行ロボットだという。東京大学の研究者たちによって開発された高さ14センチのロボットは、時速最大4.2キロで走ることができる。

人間のサイズなら時速10~20キロ

チームリーダーである東京大学大学院情報理工学系研究科の石川正俊教授は次のように語る。「私たちは、人間のサイズに置き換えた場合に時速10~20キロ走ることができるロボットを作りました。これは普通にジョギングやマラソンをするときのスピードと同じであり、私たちの知る限りでは最速のロボットということになります。」

「アキレス」とは、ギリシャ神話の英雄を表す。このロボットの性能の鍵となっているのは、1秒間に600フレームの撮影機能を備えたアイセンサーと動作解析テクノロジーだ。石川教授は続ける。「私たちは機敏かつ正確に動くことできるロボットを作るために、高速に耐える目と高速のモーターを使用しました」。

次ページ残された課題とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。