国内3社、新型iPadを今月下旬に発売

3キャリアとも10月下旬に投入

 10月17日、NTTドコモとKDDI、ソフトバンクモバイルの3社は、米アップルの新型タブレット端末「iPad Air(アイパッドエア)2」と「iPad mini(アイパッドミニ)3」を10月下旬に発売すると発表。写真は16日、米アップル本社で新型タブレット端末について説明する同社マーケティング統括のフィル・シラー氏(2014年 ロイター/Robert Galbraith)

[東京 17日 ロイター] - NTTドコモ<9437.T>とKDDI(au)<9433.T>、ソフトバンクモバイルの3社は17日、米アップルが発表した新型タブレット端末「iPad Air(アイパッドエア)2」と「iPad mini(アイパッドミニ)3」を10月下旬に発売すると発表した。

詳細については決まり次第公表する。

アイパッドエア2は従来機種より薄く、処理速度も速い。指紋認証機能「タッチID」も搭載した。

*写真を添付しました。

 

 

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT