西島秀俊が50歳で「仮面ライダー」演じる納得の訳

「心の中にあるヒーロー像が仮面ライダー」

第34回日刊スポーツ映画大賞で初の主演男優賞を受賞した西島秀俊(写真:日刊スポーツ)

西島秀俊(50)を、6年ぶりにインタビューした。

12月28日に発表した第34回日刊スポーツ映画大賞で初の主演男優賞を受賞し、受賞対象作の1つ「ドライブ・マイ・カー」(濱口竜介監督)の作品賞と合わせて2冠を獲得したことを受けての取材だった。

前回、インタビューしたのは、主演映画「劇場版 MOZU」(羽住英一郎監督)公開前の2015(平成27)年10月だった。「MOZU」で演じた警視庁公安部の警部・倉木尚武しかり、画面からストイックさがにじみ出る西島に強い興味を抱き、直接、取材する機会を求め続けた末に実現したインタビューだった。

その中で西島は、亡き妻と娘の真相を追う自身の役・倉木について「彼は真実を追うためだけに生きている。僕はそこまでなりたいとは思わない」と人生観を語った。一方で「MOZU」の先の俳優としての目標を聞かれ「人生の節目になる、超える作品作りが次のテーマ」と語っていた。

「ドライブ・マイ・カー」は人生の節目になる作品

そのことを西島に伝えたうえで「ドライブ・マイ・カー」が、人生の節目になる作品になったかと尋ねると「そうだと思います」と即答した。

当記事は『日刊スポーツ』の提供記事です

劇中では、妻音(霧島れいか)が秘密を残して亡くなり、喪失感を抱える舞台俳優で演出家の家福(かふく)悠介を演じ、感情を表に出さない難しい役どころを好演。作品が世界3大映画祭の1つ、カンヌ映画祭で邦画初の脚本賞を受賞するなど国内外の映画賞を相次いで受賞するのと並行し、西島もアメリカ・ニューヨーク・タイムズ紙が毎年発表する、今年を代表する13組の俳優にアジアから唯一、選ばれるなど、世界的な評価を高めている。

西島は、自身のキャリアについて「僕は本当に遅咲きと言うか、遠回りしてきた人間なので、もしかしたら皆さん(ほかの俳優)が20、30代で経験してきたことを40、50代で、ようやく形になりつつあるのかな、これから始まるのかなというふうに思っています」と振り返った。そのうえで「今、ようやくスタートラインに立たせていただいたんだなというふうに、今回の受賞で改めて実感させてもらっています」と主演男優賞受賞の喜びをかみしめた。

次ページ「僕は欲深いところがある」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT