豪の裁判所がジョコビッチ選手の入国認める判断

渡航時にワクチン規則明確化の必要性浮き彫り

全豪オープン出場を目指すセルビアのノバク・ジョコビッチ選手が新型コロナウイルスワクチン未接種を理由にオーストラリア当局から入国を拒否された問題が法廷での対立に至ったことは、渡航の際のワクチン要件に関する「規則のより明確な理解とコミュニケーション、適用」の必要性を浮き彫りにしている。男子プロテニス協会(ATP)が10日の発表文でそうした見解を明らかにした。

ATPはジョコビッチ選手が医学的理由によるワクチン接種の免除が認められたと考えてメルボルンを訪れたのは「明らか」だとして、豪当局による同選手の査証(ビザ)取り消しを無効とする裁判所の判断を歓迎すると表明した。

その上で、「10日の裁判所の審理に至る一連のイベントは、ジョコビッチ選手のウェルビーイングと全豪オープンに向けた準備を含むあらゆる面で打撃となっている」と指摘。ATPはツアーに参加する全ての選手にワクチン接種を受けるよう引き続き勧めていると説明した。

豪州では、成人の90%余りがワクチン接種を完了している。

ジョコビッチ選手のビザ取り消し無効、入国認める-全豪出場に道

原題:Tennis Body Says Djokovic Case Shows Clear Vaccine Rules Needed(抜粋)

 

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Sebastian Tong

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT