プレゼンしないことが最強のプレゼンである理由 いつの間にか決まってしまう「テクニック」

印刷
A
A

相手の立場に立って考えれば、どのようにプレゼンすればいいかは自然とわかってきます。会社も人間と同じように、個性はまちまちです。オリエンがしっかりしていない会社、クリエイティブのコミュニケーションに慣れていない会社、数字の積み上げやロジックを意思決定で重要視する会社、マーケティングに確固たるこだわりがある会社、などなど。

だから「プレゼンの技を磨く」ということに心血を注いでも、あまり意味はないと考えています。いくら自分のプレゼンスキルを磨いても、相手は多種多様なので、同じ方法が毎回うまくいくとも思えないからです。

それよりも、相手のことを知り、憑依し、その考えや判断基準を知り抜いたうえで想いを込めてプレゼンしたほうが、ロスなく次のステップに進めるはずです。

「いつの間にか決まっている」がベスト

私たちの会社dofの得意技は、プレゼンっぽく、提案っぽくしないことです。ターゲットやスローガンを決めるところからミーティングを重ね、コミュニケーションを繰り返しているうちに、「知らない間に企画や施策が決まっていた」みたいな雰囲気にしてしまう。それが理想だと考えています。「ディスカッションという名のプレゼンにしていく」と言い換えてもいいかもしれません。

決してプレゼンをないがしろにしたいわけでも、だまし討ちをしたいわけでもありません。このやり方の何がいいのかというと、クライアント自身が「自分たちで決めた」とより強く思えることです。相談をしながら決めていくことで、クライアントも提案に対して腹落ちしやすくなります。そして、「誰かに持ってきてもらった案を採用した」という雰囲気になりにくいのです。

「私たち自身がディスカッションや相談をしながら決めた」という流れにしたほうが、クライアントも強く当事者意識を持つことになり、プランが自分たちのものになりやすくなる。そして次に私たちが具体的なアイデアに進んでいくときも、「この間、話していてこういう考え方があったので、そこを掘ってみました」「この前のフィードバックを受けて、こんなふうにアイデアを膨らましてきました」と、お互いの理解の度合いやスピードが合った状態で企画を進めることが可能になります。

こうした流れで解決策となるクリエイティブにつなげていくと「あの打ち合わせが、こんなふうに売れるアイデアに変わっていくのか」と、アイデアに対しての愛着が、より湧いてくるというものです。だから私たちは意識的に「ディスカッションという名のプレゼン」を日々心がけているのです。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT