英国3回目接種「看護師不足の結果」起こったこと

24時間開設のうえ医療従事者以外も駆り出され

無料の新型コロナワクチン接種のために並んでいる人々(写真:Andrey Rykov/iStock)
新型コロナウイルスの変異株・オミクロン株への対策として、コロナワクチンの3回目接種(ブースター接種)が高齢者を中心に1月から始まる。
では、新型コロナの新規感染者数が連日1万人を超え、国民へのブースター接種が始まったイギリスではどんな状況なのか。イギリス正看護師、フリーランス医療通訳のピネガー由紀さんが紹介する。

「来週より当ワクチン接種会場は24時間オープンになります」

12月半ばのある日、バイト先の大規模ワクチン接種会場の朝のミーティングで、上司から衝撃の報告があった。「夜勤も可能な人は、ぜひ勤務協力をお願いします」「国からの指示です!」との上司の言葉に、スタッフから一斉に猛反発が起きた。

「日勤のスタッフだって足りていない!」「夜勤スタッフなど、どこから連れてくるのか!」

実際、こうした言葉を象徴するように、大規模接種会場に大量に設置された個別ブースには、無人ブースがやたらと目立つ。この日も、看護師の配置率は5割前後と少なかった。上司の説明によると、どうやら看護師不足を補うために、ワクチン接種に関わる非医療従事者の業務拡大も併せて行われるという。イギリスのワクチン接種は、なぜここまで迷走しているのだろうか――。

なぜ迷走する?イギリスワクチン接種

新型コロナウイルスの変異株、オミクロン株が騒がれ始めたのが、2021年12月の初め。その後、イギリスは急激な感染拡大を記録して、12月半ばには連日のように新規感染者が1万人を超えた。

当初は「会社のクリスマスパーティーや、学校でのクリスマス降誕劇などは中止しないように」と、強気な態度を崩さなかったジョンソン首相だったが、ここまで来るとさすがに感染拡大抑制のための決断を迫られた。

2020年3月に新型コロナの感染が急拡大をしたときも国からは指示がなく、初動が遅れた。その結果、感染によって大勢の死者を出し、首相が批判を浴びたことは記憶に新しい。その苦い経験もあってか、12月12日、やっと「2021年12月末までに18歳以上の国民にブースター接種を終えるように」との指示がジョンソン首相から出された。当初の予定を1カ月早めたことになる。

イギリスでは連日、新規感染が1万人を超えているが、重篤化による入院や死亡するケースは昨年の1~2割程度。これにはワクチン接種との関係が大きく指摘されていることから、ジョンソン首相にとってブースター接種の早期完了は、最優先項目だっだ。

次ページ国の方針にワクチン接種担当者は大わらわ
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT