ガスパイプラインとロシア 酒井明司著

ガスパイプラインとロシア 酒井明司著

今年も欧州が暖房なしの冬を迎えることはあるのか。ロシアのウクライナへのガス供給の停止は、1991年末にソ連が崩壊してから何回も繰り返された。今年初めに両国の大統領が値下げで合意したが、「ガス戦争」は一時の休戦にすぎないようだ。

ロシアの欧州向けガス輸出の7割以上がウクライナを通過する。同国向けを止めれば、技術上の副作用が欧州向けに及び、またそこからの盗ガスも発生する。ロシアのガスパイプラインは資源輸出の根幹を成し、その「実働部隊」であるガスプロムは世界最大の天然ガス生産量を誇り、国家戦略と一体で動く。

日本もロシアからのガス輸入を始めている。ガスプロムはサハリン2などで、アジア・太平洋地域への進出を強化する方向にある。一度パイプラインを敷設すれば、エネルギー禁輸が政治の道具になりかねない。ガスという熱源をエネルギーとして、どう位置づけるべきかを考えさせる。

東洋書店 2100円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 地方創生のリアル
  • ワインの常識10
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。