ガスパイプラインとロシア 酒井明司著

ガスパイプラインとロシア 酒井明司著

今年も欧州が暖房なしの冬を迎えることはあるのか。ロシアのウクライナへのガス供給の停止は、1991年末にソ連が崩壊してから何回も繰り返された。今年初めに両国の大統領が値下げで合意したが、「ガス戦争」は一時の休戦にすぎないようだ。

ロシアの欧州向けガス輸出の7割以上がウクライナを通過する。同国向けを止めれば、技術上の副作用が欧州向けに及び、またそこからの盗ガスも発生する。ロシアのガスパイプラインは資源輸出の根幹を成し、その「実働部隊」であるガスプロムは世界最大の天然ガス生産量を誇り、国家戦略と一体で動く。

日本もロシアからのガス輸入を始めている。ガスプロムはサハリン2などで、アジア・太平洋地域への進出を強化する方向にある。一度パイプラインを敷設すれば、エネルギー禁輸が政治の道具になりかねない。ガスという熱源をエネルギーとして、どう位置づけるべきかを考えさせる。

東洋書店 2100円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。