オラクル、「クラウド活用」で何ができるのか

オラクルオープンワールド2014現地リポート(2)

2日目のキーノートにも大勢の聴衆が詰めかけた

9月29日、2日目を迎えたオラクルオープンワールドは朝一番から大勢の聴衆を集めた。基調講演(キーノート)では、マーク・ハードCEOが登壇、様々なゲストを招きいくつも事例を紹介した。続いてデータベースのセッションや、屋外での講演も実施されるなど、充実のプログラムが用意された。

企業の取り組み、先進事例が次々披露

2日目の最初のキーノートを行ったオラクルのマーク・ハードCEO

2日目は朝8時半からキーノートがあり、大勢の聴衆を集めた。オラクルのマーク・ハードCEOによるキーノートはクラウドのビジネス価値について、さまざまな企業の取り組みを紹介する試みだった。

冒頭で昨夜の新製品や新サービス発表を振り返ったハードCEO、話題の中心はクラウドだった。企業のIT担当者は、予算を抑えられる中でも、革新が求められるている。特に大企業の場合は、古いレガシーシステムの維持にもコストが割かれる。一方で、企業間の競争は止まることがないためだ。そこで、クラウドに移すことで資金を節約し、革新に力を振り向けようというのだ。

まず、ゲストとして呼ばれたのが、流通大手のウォールグリーンズのティム・セリーCIO。同社が狙っているのは大きくいって以下の3つ。それは、店舗そのものを革新したいということ、そして顧客にいい経験をしてもらいたいということ、そして、ロイヤリティプログラムだ。

次ページゼロックスは課題にどう取り組んだか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。