オラクル、「クラウド活用」で何ができるのか

オラクルオープンワールド2014現地リポート(2)

2日目のキーノートにも大勢の聴衆が詰めかけた

9月29日、2日目を迎えたオラクルオープンワールドは朝一番から大勢の聴衆を集めた。基調講演(キーノート)では、マーク・ハードCEOが登壇、様々なゲストを招きいくつも事例を紹介した。続いてデータベースのセッションや、屋外での講演も実施されるなど、充実のプログラムが用意された。

企業の取り組み、先進事例が次々披露

2日目の最初のキーノートを行ったオラクルのマーク・ハードCEO

2日目は朝8時半からキーノートがあり、大勢の聴衆を集めた。オラクルのマーク・ハードCEOによるキーノートはクラウドのビジネス価値について、さまざまな企業の取り組みを紹介する試みだった。

冒頭で昨夜の新製品や新サービス発表を振り返ったハードCEO、話題の中心はクラウドだった。企業のIT担当者は、予算を抑えられる中でも、革新が求められるている。特に大企業の場合は、古いレガシーシステムの維持にもコストが割かれる。一方で、企業間の競争は止まることがないためだ。そこで、クラウドに移すことで資金を節約し、革新に力を振り向けようというのだ。

まず、ゲストとして呼ばれたのが、流通大手のウォールグリーンズのティム・セリーCIO。同社が狙っているのは大きくいって以下の3つ。それは、店舗そのものを革新したいということ、そして顧客にいい経験をしてもらいたいということ、そして、ロイヤリティプログラムだ。

次ページゼロックスは課題にどう取り組んだか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。