なぜ男女別学は子どもを伸ばすのか 中井俊已著

なぜ男女別学は子どもを伸ばすのか 中井俊已著

日本の高校のうち男女別学校は全体の1割にも満たず、男子に至ってはわずか2・8%にすぎない。しかし東大合格者数ランキングなどに名を連ねる進学トップ校の多くは男女別学校だ。なぜか。

言語能力、空間認知力、成熟のスピードなど、男女には生まれつきさまざまな違いがある。小中一貫の私立男子校で23年教鞭を執った著者は、その違いを考慮し、それぞれにあったやり方を採るほうが教育効果は高いと指摘する。

共学化の傾向が強い日本に対し、欧米では学力向上を目指して男女別学が増えているという。男女別学教育は決して時代遅れの代物ではない。最新の脳科学研究を踏まえ国内外の男女別学校を紹介しながら、その利点を説く。

学研新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。