決算書はここだけ読め! キャッシュ・フロー計算書編 前川修満著

決算書はここだけ読め! キャッシュ・フロー計算書編 前川修満著

導入されて10年。利用価値の大きいキャッシュ・フロー(CF)計算書だが、まだ根付いたとは言いがたい。デフレの時代にはことさら「おカネ」を増やす経営が大事であり、CF計算書はますます有用性を増していると公認会計士の著者は説く。

CF計算書の重要なポイントは二つ。人間の姿に例えるなら、相手の全体像に相当する「営業活動によるCF」、目に相当する「投資活動によるCF」に注目することだと教える。損益計算書が粉飾されても、CF計算書はいかに正直に事実を表すか、具体例で分析。また、JR東海、東芝とサムスン、王将フードサービスなどの計算書を例にして、一歩踏み込んだ経営分析も試みる。

講談社現代新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。