決算書はここだけ読め! キャッシュ・フロー計算書編 前川修満著

決算書はここだけ読め! キャッシュ・フロー計算書編 前川修満著

導入されて10年。利用価値の大きいキャッシュ・フロー(CF)計算書だが、まだ根付いたとは言いがたい。デフレの時代にはことさら「おカネ」を増やす経営が大事であり、CF計算書はますます有用性を増していると公認会計士の著者は説く。

CF計算書の重要なポイントは二つ。人間の姿に例えるなら、相手の全体像に相当する「営業活動によるCF」、目に相当する「投資活動によるCF」に注目することだと教える。損益計算書が粉飾されても、CF計算書はいかに正直に事実を表すか、具体例で分析。また、JR東海、東芝とサムスン、王将フードサービスなどの計算書を例にして、一歩踏み込んだ経営分析も試みる。

講談社現代新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。