2010年上期 経済書・政治書ベスト40--経済書1位・バーナンキは正しかったか?/政治書1位・参議院とは何か


【政治書Best20】
1 参議院とは何か 1947~2010
2 これからの「正義」の話をしよう
3 官僚のレトリック 霞が関改革はなぜ迷走するのか
4 明治維新 1858−1881
5 改革逆走
5 官邸敗北
5 〈私〉時代のデモクラシー
8 政官スクラム型リーダーシップの崩壊
9 世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか
9 大臣 増補版
11 「普天間」交渉秘録
12 倫理的な戦争 トニー・ブレアの栄光と挫折
13 「日銀貴族」が国を滅ぼす
13 世界を知る力
13 政権交代の経済学
13 鳩山由紀夫の政治を科学する
13 範は歴史にあり
13 変貌する日本政治 90年代以後「変革の時代」を読みとく
19 外務省革新派
19 日本の悲劇


■アンケートの概要
2009年12月~10年7月に刊行された本について、学者、エコノミストら104人に、推薦の経済書・政治書を各3点挙げてもらい、1位に5点、2位に4点、3位に3点をつけて集計。有効回答数は経済書98、政治書69。

(週刊東洋経済2010年8月14・21日合併特大号)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
官僚の掟<br>忖度エリートのカネと出世

不人気、不遇、不祥事で没落するエリートたちの悲哀。次々に発覚する官僚たちの過ち。採用応募者は年々減少し、東大生の官僚離れが顕著に。それでも官僚はおいしい仕事なのか?