『ベスト・キッド』--世界の主要マーケットはアジアへ、精神面もテーマに《宿輪純一のシネマ経済学》

今回ご紹介する『ベスト・キッド』(原題:The Karate Kid)は2010年製作であるが、1984年から4本作られた『ベスト・キッド』シリーズのリメイクである。
 
 今度は舞台を中国・北京に移し、黒人の少年が主人公となる。武道はカラテではなく、カンフーだ。突っ込みどころはこの作品には多数あるが、細かいところを気にしないのがこの作品のいいところでもある。しかし、いじめられっ子が年老いたカラテ(カンフー)の先生に武道を教わり、いじめっ子をやっつけて成長していく、という基本線は変わらない。
 
 オリジナルの『ベスト・キッド』シリーズは、空手の先生は日系人のパット・モリタで、いじめられっ子は最近あまり見ないラルフ・マッチオ、4作目では主人公なんと女性に変わり、その後アカデミー賞を受賞する女優のヒラリー・スワンクが演じる。彼女の実質的なデビュー作だった。
 
 今回、カンフーの先生はなんとジャッキー・チェン(成龍)で、いじめられっ子はウィル・スミスの息子ジェイデン・スミス。彼はすでに『幸せのちから』『アイ・アム・レジェンド』等に出演。ウィル・スミスはこの作品の製作者で、先日、ジャッキーとジェイデンと共に来日した。

母親の仕事の都合で、一緒にデトロイトから北京へ引っ越した11歳のアメリカ人少年ドレ(ジェイデン)。女の子がらみで、いじめっ子から“徹底的”にいじめられる。アパートの管理人でカンフーの達人でもあったハン(ジャッキー)に助けられ、カンフーを身に付け、大会でいじめっ子をやっつける。ストーリーはかなりシンプルであるが、相変わらず感動的である。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • コロナショックの大波紋
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。