「世界中の子どもに初等教育」という難題

貧困層を、無限の悪循環から脱出させよ

国際連合の「ミレニアム開発目標」の中に、2015年12月までにすべての子どもが初等教育を受けられるようにする、という項目がある。だが達成の可能性は極めて低い。ガザ、シリア、イラク、ナイジェリアの子どもたちは、ここ数カ月間、文字どおり戦火の中に暮らしている。普遍的教育を確保するには、避難民や戦闘地域の子どもでも、無事に基礎教育を受ける必要がある。

教育はこれまでずっと、収入、財産、地位、安全を保障する最良の手段だと考えられてきた。にもかかわらず、何百万人もがつねに蚊帳の外に置かれてきた。世界中の子どものほぼ半分が、基礎教育すら受けられない状況に置かれている。

ミレニアム開発目標が採択された当初5年間は、小学校や前期中等教育機関(日本の中学校に相当)への就学率は、1年当たり1.5%上昇した。

ところが、05年を境に伸びが止まった。世界の最貧国では、前期中等教育を修了できる子どもの割合はわずか36%で、30年でも54%にとどまりそうだ。

最も厳しいのは農村社会に暮らす女子

農村社会に暮らす女子児童が、最も厳しい状況に置かれている。女子児童の約4分の3が、基礎的な初等教育すら受けていない。30年に至っても、女子児童の2分の1は教育の機会に恵まれないと予想される。同様に、女子の約90%が中等教育を修了できない。30年に至っても20%しか下落しない。サハラ以南のアフリカでは、男子児童の普遍的初等教育が達成できるのは69年と見込まれるのに対して、女子児童は86年まで待たねばならない。前期中等教育では、サハラ以南のアフリカの全女子に機会が行き渡るには1世紀を要する。

世界の指導者たちは、世界のすべての子どもたちの能力を開発すると約束したが、これらの数値を見るかぎり、まったくむなしい。最近の研究によると、教育の機会という観点から見てアフリカは非常に遅れていて、30歳代前半の若年成人のうち大学教育を受ける者の割合は、25年でもルワンダ、チャド、リベリア、マラウイではわずか2%、タンザニアとベナンでは3%と予測される。

次ページ無限の悪循環が待ち受ける?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT