混迷政局と日本経済のゆくえ--水野和夫×塩田潮


 ところが、先の民主党の大勝は明らかに前の3回とは異なる。どうしてくれるかは分からないけれど、官僚機構自体を改革してくれると民主党に期待をかけた。

厨房の大改革に期待をしたのに、実際に出てきたメニューは「官僚依存」「無駄排除よりも増税」と以前とそう変わらないものだった。それで再び自民党に票が流れた。地方でも民主党は大敗した。いまだに地方に根強く残る成長願望、成長幻想が強かったということでしょう。

--民主党の経済政策はどのようなものですか?

水野 今は自民、民主の両党にも「これでいくんだ」という経済政策がない状況です。菅首相が言うように、公共事業をやめて、環境、介護、医療といった社会保障の要素を成長と結びつけるのは無理があるような気がします。

誰しも健康が第一で介護を受けたいと思っているわけではありません。健康でなくなった人が多いほど経済が成長する、というのはどうでしょうか。社会保障は経済成長とはなじまない。

塩田 民主党政権は自民党がやってきた政策の決定・実行の仕組みを変えるということで、「国のかたち」や「社会のすがた」という将来像はあっても、経済についてトータルなビジョンといったものは見えません。

水野 私はむしろ「成長なんて幻想」という現実をきちんと明言しないと、次のステップにいけないと思うのです。そう考えると、成長路線の自民党から政権交代し、向こう3年は国政選挙がない現在の状況は、民主党が明言するチャンスなのです。

本当は昨年の8月からこの1年の間に言うべきだったのですが、結局「強い経済、強い社会保障、強い財政」という成長路線をとってしまった……。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT