2022年の米国株はあまり上昇しないかもしれない

FRBの「姿勢転換」が「政策ミス」になる危険性

新型コロナウイルスの拡大が続くアメリカ。それでもオミクロン株の経済への悪影響は今のところ限定的だ(写真:ロイター/アフロ)

アメリカ株市場が「オミクロン株」の影響を乗り越えようとしている。同国株は、FOMC(連邦公開市場委員会)の結果が明らかとなった12月15日に代表的な指標であるS&P500種指数が過去最高値に接近した後、翌日16日から下落。だがその後は反発を続け、23日には再び史上最高値を更新した。

オミクロン株のアメリカ経済への悪影響は限定的

新型コロナウイルスの変異種であるのオミクロン株感染者がヨーロッパに続いてアメリカでも増え続けているのは周知の通りだ。せっかくのクリスマスシーズンに都市部での外出抑制やイベント中止などが相次ぎ、オミクロン異株への懸念が年末のアメリカ株式市場を一時的に揺るがした。

オミクロン株はこの夏に広がったデルタ株と異なる性質があり、どの程度アメリカの経済活動に悪影響を及ぼすかはなお不確実だ。だがデルタ株が流行した2021年、夏場のアメリカ経済への悪影響は、旅行など一部のサービス業に限定されており、結局サービス消費全体への影響はわずかだった。

コロナと共生しながら必要な対処を行うアメリカでは厳しい都市封鎖には至らず、2021年夏場までの日本のように経済活動にブレーキがかかる可能性は低い。オミクロン株は、デルタ株と同様の局所的なサービス消費の抑制要因にとどまると考えている。

コロナの感染者拡大は、年央に世界のサプライチェーンを阻害したことで自動車などの生産調整をもたらし、この影響が同国経済により直接的な悪影響を及ぼした。もし今後オミクロン株の悪影響が出るとすれば、この経路が再び強まるシナリオが想定される。

一方、コンテナ運賃価格はピークアウト、同国製造業への各種調査などでは、物流やサプライチェーンの逼迫が和らぐ兆しがみられる。さらに2021年に大きく増えたアメリカの財消費の伸びが一服しつつあり、同年見られたようなサプライチェーンの不調が起こる可能性は高くないだろう。このため、オミクロン株の世界経済への悪影響は限定的で、これに対する金融市場の懸念は早晩和らぐと筆者は予想する。

次ページ2022年のアメリカ株はイマイチ?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT