笑いの頂点「M-1」忘れられない"神回"を振り返る

名場面と王者たちのドラマを男女7000人に調査

『M-1グランプリ』の歴代王者たち。左上から時計回りに『マヂカルラブリー』、『霜降り明星』、『ミルクボーイ』、『銀シャリ』(写真:週刊女性PRIME)
この記事の画像を見る(19枚)

日本一の漫才師を決める『M-1グランプリ2021』(ABCテレビ・テレビ朝日系)が昨年12月19日(日)に開催された。2001年、島田紳助を発起人に吉本興業主催でスタートしてから丸20年。2010年で一区切りし、2015年から再開。17回目となる今回は“非吉本”勢に注目が集まった。

「今年、決勝進出を決めた9組のうち、吉本興業所属以外の“非吉本”が過去最多の4組です。本命視されていた見取り図、ニューヨークなどの常連組が準決勝で敗退し、顔ぶれは一新しました」(テレビ関係者)

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

決勝に勝ち残ったのは、インディアンス、オズワルド、真空ジェシカ、錦鯉、モグライダー、もも、ゆにばーす、ランジャタイ、ロングコートダディ(50音順)。

「お笑いをよく知っている方以外はなじみのないコンビが多いかもしれませんが、だからこそ新たなスターが生まれる可能性は十分にあります!」

と開催前に語っていたのは、第1回からずっとM-1グランプリを見続けてきたライターの成田全さん。実際、“非吉本”の錦鯉が見事グランプリに輝いた。

興奮冷めやらぬ今だが、思い返されるのは「過去の神回」。そこでアンケートをもとに以下、振り返ってみたい。

“あなたにとっての神回は?”

多くの票を集めた7回をプレーバック!

(アンケート期間:12月1日~15日:男女7000人を対象)「ない」326票除く

1位 2007年 第7回 優勝:サンドウィッチマン 1365票

「敗者復活で誰だかわからないコンビがでてきて“なんで?”と思ったけどネタを見て納得。めちゃくちゃ笑いました! そして優勝したときには泣いた。一夜でファンになりました」(40代女性)

「ピザのデリバリーネタは腹を抱えて笑った!」(40代男性)。

圧倒的1位となったのは、2007年(優勝:サンドウィッチマン)。大井競馬場での敗者復活戦を勝ち抜き、“誰このコンビ状態”の中で堂々の決勝1位通過。ファイナルラウンドへと進んで、大会初の敗者復活からの優勝はM-1史上最大の逆転劇に。

「決勝のピザのデリバリーネタは爆笑だったが、実は途中でネタが飛んでいて大ピンチだったとのちに告白しています。しかしそれを感じさせなかった爆発力はスゴかった!」(成田さん)

現在の活躍ぶりは言わずもがな、まさにM-1ドリームを体現した回だった。

次ページ3位は“9年連続”決勝進出コンビ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT