年収1600万円の再婚カップルが意気投合した事情

「自立心が強い人」ならではの価値観がある

一度目の離婚で結婚に関心をなくした女性が、再び結婚するに至った理由とは?(イラスト:堀江篤史)

あれも欲しいこれも欲しいと思っていると何も手に入らなかったりする。ただでさえ低い自分の集中力が散漫になってしまうからだろう。二兎を追う者は一兎をも得ず。40代半ばになってようやく実感しつつある人生訓だ。

30歳で一度目の結婚をするものの、離婚を経験。反省し、再び結婚することはあきらめ、「好みの顔の男性と付き合う」ことだけに集中したら、理想以上の相手との結婚と子どもを手に入れた女性がいる。東京都内の金融機関に勤務している山崎奈月さん(仮名、40歳)だ。

前夫とは価値観も性格も違っていた

棚からぼた餅を体現した奈月さん自身は、女優の栗山千明と前田敦子を足して2で割って素人にしたような濃いめの顔立ち。そんな自分の顔も「グータラ」な性格も嫌いで、切れ長の目で涼しげな顔をしている男性がとにかく好きだと断言する。

この連載の一覧はこちら

「誰と付き合っても価値観などは自分と違います。だったら、せめて好みの顔の人と付き合いたいと思っていました」

しかし、人生は思いどおりにはいかない。前の夫の幸太郎さん(仮名)は濃い顔だった。そして、「世の中にはこんなに自分と価値観も性格も違う人がいるんだ」ということだけ学んだ5年間だったと奈月さんは振り返る。

「彼は友だちと飲んでいたときに紹介された同い年の会社員でした。ちょうどその頃、ほかの友だちが彼氏と別れたんです。てっきり結婚するカップルだと思っていたので意外でした。結婚は1人ではできないし、タイミングも大事だなと感じたのを覚えています」

他人事のように淡々と語る奈月さん。「仕事が落ち着いていたから」「ちょうど30歳を迎える頃だったから」と結婚理由を述べるが、いちばん重要な「自分の気持ち」が抜け落ちていたのかもしれない。

前夫とは生活習慣などがことごとく異なり、しかも彼は譲り合ったり折り合いをつけたりという発想が抜けていた。例えば、片付けのタイミング。散らかしたモノは早めに片づけたい奈月さんと「手が空いたときにやればいい」という前夫。結局は奈月さんが不満顔で手を動かすことになり、口げんかになることもあった。

次ページ別れることを交渉手段に使われるように
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT