JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後

深澤祐二社長が語る巨額赤字からの脱却戦略

JR東日本の深澤祐二社長は「オフピーク通勤への移行を加速させたい」と語る(撮影:尾形文繁)
新型コロナウイルスの感染拡大で鉄道旅客収入は大きく減少し、JR東日本の2021年3月期決算は5779億円の最終赤字となった。
2022年3月期は当初、黒字への復活を期していたが、コロナ禍のピークダウンが想定よりも遅れ、2期連続の最終赤字となりそうだ。この難局をどう乗り切るのか。JR東日本の深澤祐二社長に聞いた。

2022年もコロナ禍に左右される

――2期連続の最終赤字が見込まれています。2023年3月期の黒字復活は可能なのでしょうか。

2021年4~9月期は非常に厳しい結果に終わった。10月以降の鉄道旅客は回復傾向にあるが、それでもコロナ禍前と比べると近距離で8割、中長距離で6割くらいしか戻っていない。

デジタル特集「トップが語る大予測2022年」では各界を代表する経営者のインタビューを配信しています。

コロナ禍に左右されるという状況は2023年3月期も変わらないだろう。ただ、3回目のワクチン接種も始まるので、感染者の急増で旅客需要が大きく落ち込んだ2021年8~9月のような状況にはならないと思う。

コロナ禍で大きな赤字が出て、固定費率が非常に高いという鉄道事業の弱点が露呈した。今後はコスト構造をもっと柔軟にしていく。旅客の増減に合わせて運行ダイヤを柔軟に設定できるようにしたい。

>>インタビューの続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT