スタバ、「高級店」と「エクスプレス店」を出店

今後5年で高級店を世界100店に

 9月5日、米スターバックスは新形態の店舗オープンさせると発表した。写真はニューヨークの同社店舗で1月撮影(2014年 ロイター/Eric Thayer)

[5日 ロイター] - コーヒーチェーン世界最大手の米スターバックスは5日、希少なコーヒー豆を扱う高級店舗を本社があるシアトルに、サービスの時間短縮を特徴とする「エクスプレス」店をニューヨークに、それぞれオープンすると発表した。

シアトルのキャピトルヒルに12月にオープンする店舗では「スターバックス・リザーブ」と呼ばれる厳選された希少なコーヒー豆を焙煎し提供する。施設内には販売所のほかにテースティングルーム、リザーブコーヒー用のカフェが併設される。

同社によると、この店舗がオープンすることで、リザーブの種類は現在の15から30に増える見込み。最近発売されたリザーブコーヒーは8オンス(約226グラム)入りで15ドルから50ドルで販売されている。

スターバックスはまた、今後5年間でリザーブコーヒーだけを扱うカフェを世界で少なくとも100店舗開く計画だと明らかにした。

これとは別に、ニューヨークのマンハッタンには2015年に同社にとって初めての「エクスプレス」店を試験的にオープンする。店舗は小さく、メニューは飲み物も食事も限定的になるという。携帯機器からの注文やオンライン支払いも活用する方針だ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 30歳とお金のリアル
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。