スタバ、「高級店」と「エクスプレス店」を出店

今後5年で高級店を世界100店に

 9月5日、米スターバックスは新形態の店舗オープンさせると発表した。写真はニューヨークの同社店舗で1月撮影(2014年 ロイター/Eric Thayer)

[5日 ロイター] - コーヒーチェーン世界最大手の米スターバックスは5日、希少なコーヒー豆を扱う高級店舗を本社があるシアトルに、サービスの時間短縮を特徴とする「エクスプレス」店をニューヨークに、それぞれオープンすると発表した。

シアトルのキャピトルヒルに12月にオープンする店舗では「スターバックス・リザーブ」と呼ばれる厳選された希少なコーヒー豆を焙煎し提供する。施設内には販売所のほかにテースティングルーム、リザーブコーヒー用のカフェが併設される。

同社によると、この店舗がオープンすることで、リザーブの種類は現在の15から30に増える見込み。最近発売されたリザーブコーヒーは8オンス(約226グラム)入りで15ドルから50ドルで販売されている。

スターバックスはまた、今後5年間でリザーブコーヒーだけを扱うカフェを世界で少なくとも100店舗開く計画だと明らかにした。

これとは別に、ニューヨークのマンハッタンには2015年に同社にとって初めての「エクスプレス」店を試験的にオープンする。店舗は小さく、メニューは飲み物も食事も限定的になるという。携帯機器からの注文やオンライン支払いも活用する方針だ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT