スタバ、「高級店」と「エクスプレス店」を出店

今後5年で高級店を世界100店に

 9月5日、米スターバックスは新形態の店舗オープンさせると発表した。写真はニューヨークの同社店舗で1月撮影(2014年 ロイター/Eric Thayer)

[5日 ロイター] - コーヒーチェーン世界最大手の米スターバックスは5日、希少なコーヒー豆を扱う高級店舗を本社があるシアトルに、サービスの時間短縮を特徴とする「エクスプレス」店をニューヨークに、それぞれオープンすると発表した。

シアトルのキャピトルヒルに12月にオープンする店舗では「スターバックス・リザーブ」と呼ばれる厳選された希少なコーヒー豆を焙煎し提供する。施設内には販売所のほかにテースティングルーム、リザーブコーヒー用のカフェが併設される。

同社によると、この店舗がオープンすることで、リザーブの種類は現在の15から30に増える見込み。最近発売されたリザーブコーヒーは8オンス(約226グラム)入りで15ドルから50ドルで販売されている。

スターバックスはまた、今後5年間でリザーブコーヒーだけを扱うカフェを世界で少なくとも100店舗開く計画だと明らかにした。

これとは別に、ニューヨークのマンハッタンには2015年に同社にとって初めての「エクスプレス」店を試験的にオープンする。店舗は小さく、メニューは飲み物も食事も限定的になるという。携帯機器からの注文やオンライン支払いも活用する方針だ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。