新型「ポロ」で女性客の拡大を狙う

男性向けじゃないフォルクスワーゲン

安全性能も燃費も向上した新型「ポロ」

「ドイツ車は男性のイメージが強いが、それを払拭したい」。庄司茂・フォルクスワーゲングループジャパン(VWJ)代表取締役社長は、新型「ポロ」の発表会(8月25日)でこう語った。「気軽に乗ってもらいたい。女性の入門ドイツ車といえる車」だという。

「ポロ」は、フォルクスワーゲン(VW)の基幹車種の1つで、日本では1988年に発売。輸入車といえば、女性が敬遠しがちな大型車のイメージが強いが、「ポロ」は輸入車としては数少ない小型乗用車だ。最小回転半径は5メートルを切っており、女性でも扱いやすい。累計販売台数は22万台で、VW車では同60万台の「ゴルフ」(ハッチバックタイプ)に次ぐ。

安全性能と燃費が向上

5年ぶりのモデルチェンジとなる新型「ポロ」は、年1万5000台以上を最低販売目標として掲げる。今回は標準仕様「TSIコンフォートライン」(223万9000円~)と上級仕様「TSIコンフォートライン アップグレードパッケージ」(249万5000円)を発表した。

サイズ、デザインは旧モデルをほぼ踏襲しているが、安全性能と燃費が向上している。

昨年発売の新型ゴルフと同等の先進安全技術が装備されている。国産の同クラスのコンパクトカーではオプション対応となる緊急ブレーキが、標準仕様でつく。安全性能をより高めた「アップグレードパッケージ(UGP)」には、先行車自動追従機能「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」が装備されているほか、「リアビューカメラ」(後方確認カメラ)も搭載されており、駐車の際、目標位置とのずれをラインでガイドしてくれる。標準仕様にもオプションでACCをつけることができ、この機能を搭載できる国内販売車としては最低価格帯である。

燃費も向上した。排気量1.2リットルのターボエンジンを搭載し、カタログ燃費性能は旧モデルから5%アップの1リットル当たり22.2キロメートルとなった。「走行状況次第では国産のハイブリット車と遜色ないパフォーマンスを発揮する」と、VWJの正本嘉宏マーケティング本部長は走行燃費にも自信を示す。

次ページ女性に訴求
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT