あの「レクサスNX」が東京タワーで泡まみれ

トヨタが放った“レクサスナイト”の宴

光線とスモークが混じり合う中、泡まみれで出てきたのは、レクサスNXだった

「レクサスNX」はエピソードを作れるか。

イルミネーションに彩られた東京タワー。そしてその真下に設置されたドライビングエリア。カクテル光線とスモークの中、ジャングルジムのような空間から、泡まみれになった「レクサスNX」が現れた――。

8月26日夜。レクサスで初めてとなるコンパクトSUV(スポーツ多目的車)「NX」の発売を記念し、東京タワーの隣接会場で、「LEXUS NX AMAZING NIGHT(レクサスNX アメージングナイト)」が開催された。もちろん、主催はトヨタ自動車である。

足りないのは「エピソード」

東京タワーの真下にドライビングエリアは設置された

”都会的なプレミアムSUV”という、NXのコンセプトに合わせて集まったのは、約300人。ブロガーやデザイナー、モデル、アーティスト、さらにメディア関係者などである。モダンでスタイリッシュなイメージで統一されたパーティー会場は、いつもの新車発表会とは違っている。

トヨタの取締役専務役員で、レクサスインターナショナルのプレジデントを務める福市得雄氏は、冒頭のあいさつでこう語った。

「レクサスは(誕生して)今年で25年。まだまだ歴史は浅く、足りないものがある。それは『エピソード』だ。NXを大好きになって、様々なエピソードを作っていただきたい」。

次ページプロレーサーとの同乗も
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界のエリートは<br>なぜ哲学を学ぶのか

この世界はどこへ向かおうとしているのか。難問に立ち向かうためにエリートたちが頼りにし始めたのが哲学だ。ビジネスの現場でも使える最新哲学入門。今日から使える10の哲学用語解説と、今読むべき哲学本20冊の紹介も。