来年初めまでに世界の原油は供給過剰で価格下落 米エネルギー情報局が短期エネルギー見通し公表

印刷
A
A

供給は日量1億142万、需要は同1億88万バレルと予想

ホワイトハウス当局者は9日午後、米政権がEIAの予測を精査し、原油価格が下がるとのニュースを歓迎していると明らかにした。また、SPR放出を巡り同日発表することは何もないとするとともに、供給拡大について引き続きOPECプラスに関与していくと述べた。

EIAの見通しによると、22年に世界の原油供給は平均で日量1億142万バレルとなる一方、需要は同1億88万バレルになる見込み。

原題:U.S. Sees Oil Market Oversupplied by Early Next Year (3)(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Sheela Tobben、Devika Krishna Kumar

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT