バス大異変!--知られざる公共交通の実像



「交通基本法」成立ならバスの存在はより重要に

とはいえ、ツアーバスも含めて高速バス全体が打撃を受けている、ある問題が存在する。高速道路料金の割引・無料化だ。

この施策によって、バスからマイカーに転じた人は多い。しかも、マイカー利用が増えた結果、高速道路が渋滞し、バス運行に支障が出るという事態まで生じる始末。会社によっては高速バス事業で得た収益を赤字の地方路線に充当しているが、それもままならない。高速バスの収益悪化は赤字路線の息の根を止めかねない。

政治に目を転じれば、民主党政権は住民の“移動権”を公共交通で保障する「交通基本法」の制定を目指している。高齢化時代を迎え、路線バスの役割は重要度を増すはずだ。

『週刊東洋経済』2010年7月17日号の特集「知られざる公共交通の実像--バス大異変!&タクシー&客船」では、規制緩和による混乱を乗り越え、再生を目指すタクシーや、バスと同じく高速道路の割引・無料化に翻弄される客船の新たな動きについてもリポートしている。

総合交通ビジョンではマイカーや鉄道ばかりが語られがちだが、バス、タクシー、客船にももっと目を向けるべきだろう。

(『週刊東洋経済』2010年7月17日号[7月12日発売] 特集「知られざる公共交通の実像--バス大異変!&タクシー&客船」より)


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT