人手不足が逆風に、疾走リブセンスの蹉跌

上場来初の下方修正、連続増益記録もストップ

人手不足は、求人サイトにとって本来なら儲かる局面のはず。たとえば「バイトル」ブランドで求人サイトを運営するディップ。2013年3月期の営業利益は前期比約7倍の17億円で着地。今期は同4割強の営業増益を計画している。

だが、リブセンスには人手不足が逆風となった。そのカラクリを読み解くカギは、同社独自の事業モデルにある。ジョブセンスは企業の求人情報をサイトに載せるだけでは掲載料をもらわない。原則として、採用に至った際に初めて企業から手数料を受け取る。企業側は無駄なコストをかけずに人を集められる。

この事業モデルがこれまでは強みを発揮。利用企業は増え続け、リブセンスは強気な値上げも実施できた。が、人手不足の局面になると、企業は悠長に成約を待っていられない。ジョブセンスの成約率が落ちるのは必然だった。

アルゴリズム変更が追い打ち

追い打ちをかけたのが、グーグルのアルゴリズム(処理手順)変更だ。対応に遅れたことで、検索結果におけるジョブセンスの表示順位は急低下。AKB48を起用した宣伝やいち早く進めてきたスマートフォン対応などの施策が好循環を作っている」(渡辺永二取締役)バイトルとは対照的に集客力が落ちた。

リブセンスは、検索エンジンの表示順位を上昇させる手を打つほか、新たに電話サポートの強化や、一部大手企業に対する値下げなども進める。崩れてしまったモデルを立て直し、成長軌道に復帰できるか。若手経営者の手腕が試されている。

「週刊東洋経済」2014年8月30日号<8月25日発売>掲載の「核心リポート03」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT