麻生氏も一時浮上!岸田氏「幹事長人事」の舞台裏 自民獲得議席の変化で揺れ動いた"ポスト甘利"

印刷
A
A

就任要請を受諾した茂木氏は「話を聞いたばかりで、(党運営を)どうするかはこれから考える」と言葉を濁した。しかし、茂木氏は前日深夜、党本部幹事長室で、梶山弘志幹事長代行と密談する姿が目撃されている。このため「外相なのに現れたのは、自らの売り込みだったのでは」(自民幹部)との臆測も広がった。

確かに、茂木氏にとって「幹事長はのどから手が出るポスト」だ。9月の総裁選に出馬しなかったのも「岸田氏に協力して恩を売る狙いから」(竹下派幹部)とみられている。幹事長就任は次期総裁選出馬への踏み台ともなるだけに、茂木氏にとって「まさに渡りに船」(同)であることは隠せない。

その一方で、岸田首相も甘利氏の幹事長起用については「内心、葛藤があった」(側近)とされる。「甘利氏以外に幹事長候補が居なかった」(閣僚経験者)のが理由だが、それは甘利氏が麻生、安倍両氏との太いパイプを誇示してきたことが背景にある。

ただ、選挙戦を通じて、自らの疑惑を明快に説明し切れない甘利氏への批判に、岸田首相も悩んでいたとされる。それだけに、甘利氏が自ら辞任を申し出たことは「岸田さんの悩み解消への助け舟になった」(自民長老)ともみえる。

「茂木氏は参院選の顔にはなりにくい」との声も

岸田首相にとって、第2次政権発足後の最初の関門は11月末にも召集予定の次期臨時国会での与野党攻防だ。甘利氏を続投させた場合、立憲民主など主要野党は甘利氏の疑惑に的を絞って、集中攻撃することは目に見えている。このため、岸田首相の周辺からも「甘利氏の続投は参院選での自民敗北につながりかねない」との声も相次いでいた。

確かに、甘利氏が表舞台から去れば、「野党は標的を失う」(自民国対)ことは間違いない。しかし、後任の茂木氏は「辣腕の政策通だが、これまでの上から目線の言動や部下への厳しい対応で、党内や派閥内でも敵が多い」(自民幹部)という欠点もある。

今回の茂木幹事長人事に、党内では「客観的に見ても、茂木氏は参院選の顔にはなりにくい」(同)との声も多い。それだけに、岸田首相にとって今回の幹事長人事が「将来的に吉と出るか凶と出るかはまだまだ不透明」(自民長老)というのが実態だ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT