抗体カクテル効果炸裂!中外製薬が見据える「次」

強気見通しの要因は新型コロナ治療薬以外にも

抗体カクテルは静脈に注射し、およそ1時間かけて点滴を行う。2021年8月からは外来診療での投与も(写真はイメージ、時事通信)

製薬大手・中外製薬の勢いが止まらない。

同社は10月22日に2021年1〜9月期の決算を発表。売上高は前年同期比17%増の6774億円、営業利益は同24%増の2828億円となった。

今回の決算で注目すべきは、新型コロナウイルス治療向けの抗体カクテル療法として知られる「ロナプリーブ」だ。7〜9月期に、この1剤だけで428億円の売上高を計上したことが収益を大きく押し上げた。なお、通期では同823億円の計上を見込む。

【2021年11月2日23時20分追記】初出時の上記売上高の表記を一部修正いたします。

中外は今年7月にロナプリーブの承認を取得。政府とは2021年内分の供給契約を結んでいたが、その供給量や1人当たりの価格は明かされていない。そのため実際の業績インパクトはこれまで未知数だったが、それが今回明らかになった。

政府による一括買い上げという“ボーナス”とはいえ、発売初年度の売上高が800億円超となる新薬は異例だ。

2022年も「過去最高決算を目指せる」

ロナプリーブは、体内でウイルスの増殖を抑える、別のタイプの抗体2つをブレンドして使う。それが「カクテル」という呼称の由来だ。これにより、ウイルスに変異が起こっても効果をキープしやすい。

アメリカのリジェネロン社が生み出し、中外製薬とその親会社であるスイスのロシュが臨床試験を進めてきた。

試験では、ロナプリーブが投与された軽症の患者群では入院や死亡に至る割合が70%減少。さらに、プラセボ群(生理食塩水を投与した患者群)では症状がなくなるまで14日かかっていたものが、ロナプリーブ群では10日に縮んだ。

中外は2021年度通期の業績予想も、ロナプリーブの上乗せ分を中心に見直した。営業利益予想は3200億円から4000億円へと25%上方修正。純利益は5年連続の最高益更新を見込む。

「来期(2022年)も、過去最高の決算を目指せる状態」。決算説明会で中外の奥田修社長は、来年の業績への質問が出るより先に、自らそう言い切った。

次ページ「反動」をどう乗り越える?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT