JR千葉駅に挑戦、京成「千葉中央新駅ビル」の秘策 街に足りないピース埋め、人の流れを取り戻せ

印刷
A
A

このような状況を受けて、「千葉中央を生活に便利な駅にしたい」と清水氏は考えた。まず、気になったのは食品を扱うスーパーがこのエリアに不足していたことだ。西口周辺には大きなスーパーがない。東口からは5分ほど歩けば、ダイエー系のスーパー「グルメシティ」があるが、西口の住民にとって駅の反対側に出るのは便利とはいえない。

京成千葉中央ビルの1階には食品スーパーが入居する。開店準備中の様子(記者撮影)
3階に入居するシェアオフィス(記者撮影)

そのため、住民の意向を踏まえ、1階に食品スーパーを入居させることにした。京成の調査では駅から1km圏内の商圏人口は約3万2000人。年齢別では40代、30代が多く、単身世帯、2人世帯の割合も県平均より高い。そのため、惣菜や少量食品の取り揃えを増やした。2階に100円ショップを入居させたのもこうしたエリア特性を踏まえてのことだ。

3階に入居するシェアオフィスは、「当初は想定していなかった」(京成)というが、コロナ禍による在宅勤務やテレワークのニーズを踏まえて急遽入居を決めた。やはり京成グループが運営する。会議室なども備えており「フリーランスや副業の需要にも応える」(京成)という。

千葉中央をモデルに動き出す街づくり

スーパーとシェアオフィスが入居することで、千葉中央駅周辺の生活インフラが整うことは間違いないが、それだけではない。千葉中央駅と京成千葉駅・JR千葉駅との間は高架下のショッピング街でつながっているが、経営主体は区間によって異なる。千葉中央寄りのショッピング街「Mio(ミーオ)」は京成グループが運営している。

これまで千葉中央エリアの居住者がJR千葉駅寄りのショッピングストリートで買い物するというケースも多く見られた。しかし、スーパーや100円ショップが開業すれば、すぐ近くにあるミーオで買い物をする人が増えるかもしれない。JR千葉駅から千葉中央駅への回帰が期待できるのだ。

10月29日のオープン当日、千葉中央駅のスーパーは普段なら閑散としているはずの平日昼間にもかかわらず、大勢の客で賑わっていた。ファストフードコーナーも多くの店で行列ができていた。コロナ禍を忘れさせるほど上々のスタートを切ったといえる。

京成は今年3月に八千代市と、8月には酒々井町とそれぞれ包括連携協定を結んだ。八千代市とは街の魅力の創出や向上に、酒々井町とは沿線価値の向上に取り組んでいくという。両者の詳細はまだ決まっていないが、「千葉中央駅の取り組みと目指す方向性は変わらない」と京成の担当者は話す。千葉中央駅をモデルケースに、京成の新たな街づくりが動き出した。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT