iPhone6、液晶生産の一部に遅れ?

注目高まる、9月9日のメディアイベント

 8月22日、今秋にも発売される米アップルの新型iPhoneについて、搭載する液晶の生産が一時停止していたことがわかった。写真は同社ロゴ。都内で6月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 22日 ロイター] - 今秋にも発売される米アップルの新型iPhone(仮称:iPhone6)について、搭載する液晶の生産が一時停止していたことがわかった。

薄型化をねらった設計のため、量産工程に無理が生じたためとみられている。新しい設計により生産は回復に向かっているが、部品メーカーに対するアップルの厳しい要求が改めて浮き彫りになった。

すでにiPhone6は、画面サイズが4.7型と5.5型の2機種の液晶の量産に入っている。液晶の生産は、ジャパンディスプレイ<6740.T>、韓国LGディスプレー<034220.KS>、シャープ<6753.T>の3社が担当。ジャパンディスプレイとLGディスプレーは4.7型と5.5型の両サイズ、シャープは4.7型サイズのみを生産している。

複数の関係筋によると、生産が一時停止したのは、液晶の後半工程。バックライトが液晶メーカーに届かず、取り付け作業が中断した。液晶メーカーは5月頃からパネルの量産に入っていたが、6―7月にかけて後半工程に入れずにいたという。

その要因として指摘されているのが、アップルの厳しい設計。バックライトの明るさを高める輝度向上フィルム(BEF)はこれまで2枚を使用していたが、iPhone6では、一段の薄型化のため、このフイルムを1枚に減らす仕様で設計した。

だが、BEFを減らした設計では、実際のバックライトの量産に難航。このため、設計をはじめからやり直すことに至り、液晶全体の生産に遅れが生じたという。

すでに8月の段階では、新しい設計によるバックライトの量産が順調に立ち上がり、液晶の後半工程の製造は回復。一時停止した生産の遅れを取り戻すため、急ピッチで後半工程の作業を進めている。

アップルは9月9日にメディアイベントを開催し、新型iPhoneを発表する見込み。こうした液晶の後半工程の遅れが、iPhone6の発売時期や販売量に与える影響は不透明。

ただ、ジャパンディスプレイは、液晶の量産時期で先行したため、バックライトの問題が大きく響いたとみられている。一方でシャープは、もともと計画していた後半工程の作業開始が遅く、影響は少なかったようだ。

ジャパンディスプレイは、8月7日の第1四半期決算発表で、「大口顧客」の7―9月期の出荷に「時期ずれ」が発生する懸念があるとの見通しを示している。

アップルからのコメントは得られていない。またジャパンディスプレイ、LGディスプレー、シャープはコメントを控えている。

 

(村井令二 Sophie Knight 取材協力:Michael Gold 編集:北松克朗)

人気記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。