実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題

草木は伸び放題、害虫が発生、建物も老朽化

都道府県別で見ると、空き家率のワーストランキング(2018年)では、1位が山梨県(21.3%)、2位が和歌山県(20.3%)、3位が長野県(19.5%)である。甲信越や四国で空き家の比率が高いことがわかった。ちなみに空き家率の低いベストランキングでは、1位に埼玉県と沖縄県(ともに10.2%)が並んでいる。

もちろん国も手をこまぬいてきたわけではない。前述した通り、2015年には、空き家対策特別措置法が全面施行。管理不全な空き家に対しては、行政が立ち入って調査をできたり、所有者の確認など個人情報を取得しやすくなった。「特定空家等」に指定されると、軽減されている固定資産税などの特例から除外され、最後は行政代執行も可能など、ペナルティ的な要素も含んでいた。

地方も早くから動いてはいた。市区町村ベースでは、2010年の埼玉県所沢市を筆頭に、空き家条例が次々成立。また各地で空き家バンクも設立され、空き家を売りたい・貸したい人と、空き家を買いたい・貸したい人を仲介する試みも広がりつつはある。

だがこれまで利用がどんどん進んでいたとは言いがたい。法制度の整備などで「空き家への関心は高まったが、まだまだ取り組みが進んでいない」(あるNPO法人代表)のが実情である。

とくに空き家バンクでは、登録する物件数が少ない、居住希望者のニーズとマッチしない物件が多い、などの課題がある。また、営利で行う民間の不動産業者と違い、空き家バンクは仲介に関与せず、当事者同士で交渉する必要があるなどの問題も明らかになった。空き家を通じ移住を促進したい地方と、あえて望んではいない都市との温度差も指摘されている。

近所の”迷惑施設”をどう処理するか

実家が空き家となり、放置されれば、近所にとっては”迷惑施設”でしかない。また人が住んでいたとしても、認知症などでセルフネグレクト(自己放任)になり、家のケアをしなければ同様だ。

草木が伸び放題で、道路にはみ出る。ハエやネズミ、ゴキブリが発生したり、野良猫が住みついたりして、衛生環境が悪化する。建物が傾いたり、屋根や外壁が老朽化して落下する……。ゴミが不法投棄されたり、不法侵入者が現れるなど、犯罪の温床にもなる。

特定空き家の場合、近隣住民から自治体に苦情が寄せられ、所有者に通知されるパターンが多い。いや、それでも通知されればいいが、所有者と連絡がつかない例も多い。中には何代にもわたって相続が登記されなかったり、兄弟姉妹などで家を共有したため物事が何も決まらなかったり、というのがよくある光景だ。

当然ながら家は、持つのにも、処分するのにも、コストがかかる。水道や電気は引いているだけで基本料がかかるし、火災保険料、さらには庭木の剪定費や、毎年かかる固定資産税も。分譲のマンションでは修繕積立金などが要る。

いざ片付けようとしても、子が自分の持ち家から実家に通えば、交通費もばかにならない。親が亡くなった後の遺品整理で、物が膨大な現実に困り、整理業者などのプロに依頼すると、数万円から数十万円を請求されることもある。

次ページ売るか、貸すか、活用するか
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT