東大合格者の遠回りのようで効率的「理科学習法」

「鉄緑会」講師が蓄積されたノウハウを伝授

東大入試の理科を攻略するためにはどのような勉強をすればよいのでしょうか(写真:haku/PIXTA)
東京大学に合格するためにはどのような勉強をすべきなのか。東大受験指導専門塾「鉄緑会」が手掛ける年度版問題集シリーズの『2022年度用 鉄緑会東大物理問題集 資料・問題篇/解答篇 2012-2021』『2022年度用 鉄緑会東大化学問題集 資料・問題篇/解答篇 2012-2021』を担当し、長年東大物理・化学入試を分析してきた鉄緑会の守川春雲、寺田侑祐の両氏が、「物理」と「化学」の勉強法について解説する。

東大理系の場合、高校理科4科目(物理・化学・生物・地学)の中から2科目を選択して受験することになります。その中で選択者が最も多い組み合わせは「物理・化学」選択となります。今回は、東大受験を見据えた物理や化学のあるべき学習法について、鉄緑会での指導経験をふまえて考察してみましょう。

物理の誤った学習法①:ひたすら問題演習

まずは物理の学習について、どのような学習スタイルが正しいのか、2つの極端な例を挙げて考えてみましょう。

①基礎はほどほどにしてとにかくたくさん問題を解く

②理屈さえわかっていれば問題は解けるはずなので、問題演習は二の次にして参考書で理論の習得を目指す

結論から申し上げますと、どちらも正しい学習方法とは言えません。

「なぜその法則を使うのか」を意識して解く

まず1つ目の学習方法についてです。大学入試では問題を解けないといけない訳ですから、問題演習は確かに大切です。ただ、問題演習というのは、正しい理論を身につけ、それを応用するために行うべきものです。そのため、根底にある理論があいまいなまま問題演習のみを積んでも、正しいレシピを知らないで闇雲に料理を作るのと同じことになります。

このような学習方法に陥った場合、問題によって正解することはあっても、それは「たまたま」であり、そこから得られるものはその場限りの成功体験以外にはないでしょう。

とくに初習の段階では、多少時間がかかっても「なぜその法則を使うのか」を意識しながら問題を解くとよいでしょう。これを積み重ねると、正しい物理的感覚が養われ、問題を解くスピードも上がってきます。

また、理解できない事柄に直面したときに、「なぜそれを理解できないのか」をきちんと分析することも大切です。物理は論理の学問であるため、理解できないことがあるときに、それ以前の学習事項の理解があいまいであることがしばしばあります。

例えば、「円運動」の理解があいまいなまま「単振動」を理解することは不可能です。そのため、わからないことの原因をトコトンまで突き詰めることが大切です。

次ページ次は「物理の誤った学習法②」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT